aiCharts v1.7

AndroidでaiChartsが選ばれる理由

Android向けのチャート(グラフ)作成エンジン、aiChartsはJavaのグラフ作成市場の中で1番人気であり、Androidのためにデザイン、最適化されています。他のJavaのグラフ作成エンジンはAndroidにも対応はしていますが、開発者にとって他の作成エンジンより大きな利点があります。aiChartsはAndroid開発環境にネイティブ対応され、簡単なインストールができ、チュートリアルやサンプルの充実によりとても簡単に組み込みできます。

開発者は数行のコードでグラフを組み込めます。わずかなステップだけで開発者は自分のアプリケーションに合わせてグラフをカスタマイズできます。最近のデータの視覚化は創造性の自由度を上げ、他の重要な課題に時間を割くことができるようになりました。aiChartsでは多数の視覚効果、透過性、さらにカスタムドローイングをサポートしています。

「データバインディング」がデータの視覚効果を早く簡単にし、フィルターをかけることや一般的なデータフォーマット(例えばXML, 配列またはデータベース)からチャートを取り付けることができます。

XMLテンプレートをサポートするようになったことにより、予想以上に簡単にカスタマイズできるようになりました。カスタマイズ済みのシンプルなXMLファイルはプロジェクト内に置くことができ、視覚化が必要なときはロードできます。何行かの簡単なコードが今までのカスタマイズの問題を一掃してくれます。 

テクニカルサポートのサブスクリプションはaiChartsにおけるあなたの問題を100%網羅し、あなたのアプリケーションにチューニングされ、求められる形を備えていることを保証します。

Android G1 とG2, HTC Tattoo そしてSony Ericsson x10のハードウェアでaiChartsはテスト済みです。

 

100%マネージドコード

現時点ではaiChartsはAndroidへ向けた唯一つのプロフェッショナルな解答です。aiChartsは携帯機器での使用に最適化しています。少ないメモリとCPUの使用量で電池使用量を抑えることができます。aiChartsは携帯電話の制限を熟知しており、それらの制限を忘れさせてくれます。

aiChartsはネイティブの低レベルライブラリを使うことはありません。またAndroidのOSにとって100%の安全性を持つDalvik Java VMを使用した環境で管理しています。

 

高度な視覚カスタム設定

aiChartsのカスタム設定は創造性に任せて自由に変更できます。ライブラリはいくつかのレイヤーごとにカスタム設定できます。

レイヤーは宣言制(declarative)になっているので、通常のリソースファイルと同様に扱えます。 aiChartsではリアルタイムでカスタムコードを付け足していけます。

開発者はすべての要素に対してアクセス権を持っているので、圧倒的な自由度でコードとスタイルの組み合わせることにより、開発者がイメージするものを表現できます。

視覚テンプレートを使用してカスタム設定もできます。XMLテンプレートのスタイルとレイアウトを決定しながら作っていくことでデータの視覚化を簡単に行えます。こちらも1行のコード入力でできるのでカスタム設定もより簡単にできるようになっています。

 

作図可能なチャートのタイプ

Android専用チャート作成エンジン、aiChartsは最も使われているチャートタイプをサポートしています。

これらのチャートはほとんどの金融および一般的な用途に対応できます。現段階ではグラフのみの提供となっています。3Dグラフは現在開発中です。