aiChartsサンプル:レンジ縦棒チャート

概要

レンジ縦棒は縦棒チャートに似ていますが、ある範囲(レンジ)内にのみ表わされます。それによりユーザはY軸の初めと終わりの値を示さねばなりません。その指定された範囲にのみ縦棒チャートが展開されます。

レンジ縦棒チャートを作るには

aiChartsは少ないコードで簡単にレンジ縦棒チャートを作ることができます。
レンジ縦棒チャートを作るには、まずはChartSeriesのインスタンスを作り、チャートタイプ(作図タイプ)をRangeColumnに設定し、データをセットします。

ソースコードは以下のようになります。

サンプルダウンロードはこちら(ZIP,13KB)

イメージ図

XML アクティビティレイアウト


<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout
	xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
	android:orientation="vertical"
	android:layout_width="fill_parent"
	android:layout_height="fill_parent">
	<com.artfulbits.aiCharts.ChartView
		android:id="@+id/chartView"
		chart="@xml/chart"
		android:background="@android:drawable/alert_dark_frame"
		android:layout_width="fill_parent"
		android:layout_height="fill_parent"/>
</LinearLayout>

Java


package com.artfulbits.aiCharts.RangeColumn;

import com.artfulbits.aiCharts.ChartView;
import com.artfulbits.aiCharts.Base.ChartSeries;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;

public class MainActivity extends Activity
{
	/** Called when the activity is first created. */
	@Override
	public void onCreate(Bundle savedInstanceState)
	{
		super.onCreate(savedInstanceState);
		setContentView(R.layout.main);

		ChartView chartView = (ChartView) findViewById(R.id.chartView);
		ChartSeries series = chartView.getSeries().get(0);

		double[] ds = { 90, 70, 50, 30, 10, 30, 50, 70, 50, 30, 10, 30, 50, 70, 90 };

		for (int i = 1; i < ds.length; i++)
		{
			series.getPoints().addXY(i, ds[i - 1], ds[i]);
		}
	}
}

XMLチャート


<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<ai:chart xmlns:ai="http://www.artfulbits.com/android/aiCharts">
	<ai:area/>
	<ai:series type="RangeColumn"/>
</ai:chart>