流域モデルツール

WMSは流域モデルを簡単に作成・解析できるツールです。

 

GISツール

  • gis ArcGISを使わずに: シェープファイルデータをインポートし、そのインポートしたデータを使って、水理・水文モデルを構築
  • ArcGISを使って: ArcGISでサポートされているファイルフォーマットをインポートして、水理・水文モデルを構築
  • 水理・水文モデルデータをラスター・ベクトルGIS形式画像にエクスポート

 

Webデータ収集ツール

web_data

  • USGS標高、地形図、航空写真データを直接ダウンロード
  • ダウンロードしたデータをシームレスにインポートして、水理・水文モデルを構築

 

 

 

地形データのインポートと編集ツール

  • Google Earthさまざまな標高データ形式をインポートします。
    • USGS DEM - USGSからDEMの任意のフォーマットをダウンロードして利用
    • USGS NEDデータ
    • ArcGIS Raster(ASCII形式)
    • 等高線データ(ArcGISシェープファイルまたはCADファイル)
    • XYZ測量ポイント
  • WMS内部の標高データを含むモデルの読み込み、表示、編集、構築
  • 複数ファイルからの標高データを結合し、モデリングに使用できる単一のデータセットに変換
  • 標高値の変更、堤防線形(堤防や流域標高など)を標高データに表示

FHWA水理計算シミュレーションとの連携

  • WMSには、HY-8モデリングウィザードが含まれています。
    • カルバート上流の流域を描写し、ハイドログラフを作成
    • カルバートのサイジング
    • カルバートから下流のハイドログラフをルート化
    • カルバート内の浸水面積を決定
    • 既存のカルバートを分析
  • カルバートと道路のレイアウトを描き、長さを算出し、WMSとHY-8の間で計算されたデータを転送できます。
  • 水理ツールボックスのFHWA認可手法を用いて、水理構造(流路、溝・入口、洗掘構造、堰、調整池)を作成し、水理計算を実行可能です。
  • FHWAによるHY-8と水理ツールボックスの最新インターフェイスがあります。