Voxler

Voxlerは、3Dデータを簡単に可視化する強力なソフトウェアです。Voxlerの3Dモデリングツールを使えば、地質学および地球物理学モデル、汚染プルーム、LiDARポイントクラウド、ボーリングモデル、鉱体埋蔵量モデルのための多成分データを簡単に可視化できます。

3Dモデルの作成

Voxlerは、3次元データの重要な情報をわかりやすく正確にモデルへと変換するので、より理解を深めることができます。

    Voxlerの3Dモデル
  • 直線および直線からそれたボーリング孔(Borehole (well), straight or deviated)
  • サーフェス(Surface)
  • ポイントクラウド(Point cloud)
  • LiDAR
  • 等高線(Contour)
  • ブロック(Block)
  • 流線(Streamline)
  • ベクトル(Vector)

モデルの編集

Voxlerには、様々な編集オプションが備わっています。作成したモデルの詳細にわたって編集できるので、複雑な3次元データをわかりやすく表現して伝えることができます。

    Voxlerの編集オプション
  • タイトル、軸、スケールバー
  • 凡例、プロファイル、断面
  • 軸パラメータの編集、複数軸を含める
  • 複数のモデルを統合
  • あらゆる角度からモデルをスライス
  • 面の切り取り(Clip Plane)、境界ボックス(Bounding Box)
  • 透過、ライト効果、質感の設定
  • テキスト、線、シンボルのプロパティ編集
  • テキスト、ポリライン、多角形、スプライン線の追加
  • 地質参照画像を含める
  • など

データのグリッド

Voxlerは、等間隔および不等間隔な3Dデータから均一な3D格子を生成します。
また、データを詳細を確認するために、順序統計量(最小値、 第1四分位点、中央値、第3四分位点、最大値、範囲、ミッドレンジ、四分位範囲)、 モーメント(平均値、標準偏差、分散、変動係数、合計)、その他(二乗平均平方根、中央絶対偏差)、ロケーション統計量(カウント、密度、最近距離、最端距離、中央距離、平均距離)を含む様々な計算が可能です。

    Voxlerの補間機能
  • グリッド作成手法:Inverse Distance(逆距離)、Local Polynomial(部分多項式)
  • データのフィルタと除外
  • 格子で数学的操作を実行
  • 格子の変換、結合、再サンプル
  • 格子のサブセットまたはスライスを抽出

優れた互換性

Voxlerでは様々な形式のソースファイルに対応しているので、シームレスにデータを可視化、分析できます。AutoCad DXF、LiDAR LASといったデータのインポートを行えるほか、様々なエクスポート形式にも対応しています。

対応しているファイル形式はこちら>>

モデルのエクスポート

Voxlerで作成したモデルは、様々はファイル形式でエクスポートできます。例えば、出版用としてPDFやTIFなど高品質なフォーマットにエクスポートしたり、オンラインで共有するためにPNGやSVGとしてエクスポートできます。さらに、Microsoft Word や PowerPointといったプレゼンテーションツールにモデルをコピー&ペーストできます。また、ビデオツールを使って動画をキャプチャーすれば、さらにダイナミックな表現が可能です。

使いやすいインターフェース

Voxlerのインターフェースはとても使いやすく、初めて使用する方でもわかりやすいように整備されています。

  • 1つのウィンドウ内でデータやモデルを表示、編集、操作
  • モジュールを管理するNetwork Manager
  • 素早い編集が可能なProperty Manager
  • ローデータを表示、編集するワークシートウィンドウ
  • 全てのマネージャをドッキングまたはフローティング
  • ツールバーのレイアウトをカスタマイズ
  • 初めにウェルカムダイアログを表示
  • ユーザの必要に応じてユーザインターフェースをカスタマイズ

自動化による作業の効率化

繰り返し処理を自動化するスクリプトを作成して、効率化を図れます。VoxlerはC++、Python、Perlといったプログラミング言語から呼び出すことができます。また、VoxlerにはVisual Basic互換のスクリプトツールであるScripterという機能があります。

Voxlerによる自動化のナレッジベース(Golden Software社)


 

動作環境

Voxlerの最低動作環境は以下の通りです。

  • OS:Windows XP SP2 以降, Vista, 7, 8 (RTを除く), 10 以降 (32bit, 64bit)
  • メモリ:512 MB以上
  • ハードディスク空き容量:500MB
  • 解像度:1024 X 768、16-bit 色以上
  • OpenGLアクセラレーションのビデオドライバ推奨

 

▲ページの上に戻る