製品版にも関わらず有効期限が表示される問題について

原因

(期間限定版以外の)製品版をご購入いただいたにも関わらず、Help > 機能の確認と操作した際に、
「利用可能(残り〜日)」と表示されることがございます。これは、30日間のみ動作する、体験版の古いライセンスファイル情報が読み込まれているために生じます。

本ページでは、この問題が生じた後の対処方法について解説します。体験版から製品版へ移行する際の本来のお手続き方法については、こちらのページをご確認ください。

対処方法

製品によって微妙に対処方法が異なります。以下のようにしてください。

Scientific WorkPlace(SWP), Scientific Word(SW)の場合

  1. C:\swp55\LicensesもしくはC:\sw55\Licensesに存在する、license.licを削除します(もしインストール先を変更している場合は読み替えてください)。
  2. 製品を立ち上げます。「警告の詳細を表示しますか?」と聞かれたら「いいえ」を押します。その後「登録/注文」を選択します(もし表示されない場合は、ヘルプ > 登録と操作します)。
  3. 「インターネットを利用して自動的に取得する」より情報を入力して登録を行います。
  4. 一度製品を終了し、再度立ち上げてください。ヘルプ > 機能の確認から利用期限の表示がなくなっていることをご確認ください。もし表示されている場合は弊社までお問い合わせください。

Scientific Notebook(SNB)の場合

  1. C:\Program Files\Scientific Notebook\LicensesもしくはC:\Program Files(x86)\Scientific Notebook\Licensesに存在する、license.licを削除します(もしインストール先を変更している場合は読み替えてください)。
  2. 製品を立ち上げます。「警告の詳細を表示しますか?」と聞かれたら「いいえ」を押します。その後「登録/注文」を選択します(もし表示されない場合は、ヘルプ > 登録と操作します)。
  3. 「インターネットを利用して自動的に取得する」より情報を入力して登録を行います。
  4. 一度製品を終了し、再度立ち上げてください。ヘルプ > 機能の確認から利用期限の表示がなくなっているかをご確認ください。
  5. もし依然として期限が表示されている場合、まずは製品を終了します。その後任意のフォルダを開き、アドレスバーに以下をコピーしてEnterキーを押してください。
    %userprofile%\AppData\Local\VirtualStore
  6. VirtualStoreフォルダへジャンプします。VirtualStoreフォルダの中に、別の「Program Files\Scientific Notebook\Licenses」もしくは「Program Files(86)\Scientific Notebook\Licenses」が存在するかどうかをご確認ください。もし存在する場合は、Licensesフォルダ毎削除してください。
  7. ヘルプ > 機能の確認より、利用期限が表示されるかをご確認ください。