Windows7へのインストール(v5.5)

1. SWP/SW/SNBのインストール

(1) 起動時の注意点

SWP/SW/SNB v5.5の全て機能を正常にご利用頂くためには、一度、 製品アイコンの上で右クリックし「管理者として実行」で行う必要があります。
(「管理者として実行」を一度も行なわない状態で通常起動しますと、"システムレジストリを更新できません。許可しますか?"という確認メッセージが表示されます。一度「管理者として実行」で起動すると表示されなくなります。)


正常に機能しているかどうかは以下の方法でご確認頂けます。
1.「ヘルプ」→「機能の確認」をクリックします。

2.機能の確認のダイアログで項目が出ているかご確認ください。
(通常は複数の項目が表示されます。こちらは例です。)
(2) アンインストール時の注意点

Windows7からSWP/SW/SNBをアンインストールしようとした際、途中でフリーズ状態になってしまうことがあります。これはTrueTeXコンポーネントのアンインストールを行うためのタスクがanti-virusソフトのチェックにかかって起動されないことによって発生します。SWP/SW/SNBのアンインストールを行う際には、anti-virusソフトの該当機能(Symantec社の例ではリアルタイム保護機能)を一時的にオフにして運用されることを推奨します。

2. WinForme(pLaTeX)のインストール

日本語文書用のWinForme(pLaTeX)をインストールする場合、その過程でdvioutの初期設定が必要になりますが、その際にもレジストリへの書込みが行われるため、Windows7では

  Error in RegCreateKey

というメッセージが発行されます。dvioutの初期設定も管理者権限で実行してください。

  1. WinFormeをインストールします。操作手順についてはインストールガイド(PDF)をご参照ください。
     
  2. Windows7の再起動後、dvioutを単独で起動し初期設定を行います。Windows7の「スタート」メニューから「すべてのプログラム」と操作、WinFormeプログラムグループ内にあるdvioutを右クリック、「管理者として実行」をクリックします。必要に応じて管理者用のパスワードを入力してください。
     
  3. dvioutを初めて起動した場合には
      “Font path is not set. Install fundamental parameters?”
    というメッセージが表示されます。インストールガイド中のP.24 “4.4 dviout初期設定”の項を参照の上、必要な設定を行ってください。

    ※メッセージが表示されず通常起動してしまった場合は、dvioutのOptionメニューからSetup Parameters...と操作して「DVIOUTのプロパティ」ダイアログを開いてください。Resolution、Paper、Font、Font2、Graphicの各タブがdviout初期設定の項目です。各タブで設定を変更した場合はその都度Saveボタンで設定を保存し、最後にOKをクリックして設定を保存してダイアログを閉じてください。
     
  4. 今度はWinFormeプログラムグループ内にあるWinForme、またはWinForme 1.1を起動します。サンプルフォルダ中のテストプログラムを用いてpLaTeX, dvioutの動作検証を行ってください。手順についてはインストールガイド中の動作検証の項を参照してください。
    またGhostscript、Susie plug-inのインストールについてはSWP/SW BetterUseページ  
    をご参照ください。

3. WMF2EPSプリンタドライバの設定(必要な場合のみ)

プリンタドライバの設定

  1. WMF2EPSの公式ページから「WMF2EPS.PPD-for-Win7.zip」をダウンロードし解凍します。
  2. 解凍すると「Win7」フォルダがありますので中身ごとフォルダをc:¥swp55¥wmf2eps¥PSprintへコピーします。(c:¥swp55¥wmf2eps¥PSprint¥Win7 となります。)
  3. Windowsのコントロールパネルで「デバイスとプリンタ(の表示)」を選択し、次の画面で左上にある「プリンターの追加」ボタンをクリックします。
  4. 「ローカルプリンターを追加します。」をクリックします。
  5. 「既存のポートを使用」にチェックを入れ、「LPT1:(プリンターポート)」を選択し、次へをクリックします。
  6. 「ディスク使用」をクリックし、開いたダイアログで「参照」をクリックして、手順1で保存した「W7Print.INF」を選択しOKをクリックします。(c:¥swp55¥wmf2eps¥PSprint¥Win7¥W7Print.INF)
  7. 既に別のPSprinterがインストールされている場合は置き換えるか聞かれますので、置き換えるを選択して下さい。
  8. 次へをクリックするとプリンター名を入力する画面になります。好きな名前に変更し(デフォルトのままで問題ありません)次へをクリックします。
  9. インストールが始まります。途中でWindowsセキュリティが出ますが、「このドライバーソフトウェアをインストールします」をクリックします。
  10. プリンターの共有画面に切り替わったら、そのまま次へをクリックします。(設定を行っているPCがプリントサーバーの場合はプリンターを共有する設定を行います。通常は必要ありません。)
  11. 「通常使いプリンターに設定する」はチェックを外したままにします。テストページはありませんので印刷は行いません。「完了」をクリックして設定を完了します。
  12. プリンターの一覧に「WMF2EPS Color PS L2」(デフォルトの名前の場合)が追加されていますのでそのアイコンの上で右クリックして、メニューから「印刷設定」をクリックします。
  13. 「レイアウト」タブの右下にある「詳細設定」ボタンをクリックします。
  14. 詳細オプションダイアログが表示されますので、その中にあるPostScriptオプションのツリーを開きます。
  15. PostScript出力オプションでEPS(Encapsulated Postscript)を選択し、OKをクリックします。
  16. 印刷設定ダイアログに戻りますので、OKをクリックします。

WMF2EPSの設定

  1. C:¥swp55¥wmf2epsにある WMF2EPS.EXE をダブルクリックして起動します。開いたダイアログでCodeを入力する欄がありますが、無視してしばらくするとOKボタンがクリックできるようになりますのでクリックします。
  2. EPS-ConversionメニューのConversion Setupを選択し、WMF2EPS Settingsダイアログを開きます。
  3. ダイアログで次のように設定し、OKボタンをクリックします。
    1:Auto convert: Don't show this dialog before conversionにチェックを入れます。
    2:PS-Printerの項目でChangeボタンをクリックし、開いたダイアログでプリンターの選択欄から「WMF2EPS ColorPS L2」を選択し、印刷ボタンをクリックします。
  4. FileメニューからSave Configを選択して設定を保存し、WMF2EPSを終了します。

※v4.1のインストール

SWP/SW/SNB v4.1 はWndows7には対応しておりません。ご了承ください。