Origin 2016 新機能概要

Origin 2016では、ユーザ様からお寄せいただいたご意見をもとに、オブジェクト・マネージャOriginアプリなど、使いやすさを向上するための機能が追加されました。また、新しいグラフタイプや統計機能なども追加されています。詳しくは、以下の新機能・改善点の各項目をご覧ください。

Origin 2016の全ての機能については 「機能リスト」 をご覧ください。
現在ご利用のバージョンとの詳細な機能比較は、こちらのPDFをご確認ください。

使いやすさの向上

  • アクティブなグラフ中のプロットやレイヤーを簡単にオン/オフできるオブジェクト・マネージャの新規提供
  • 強力なカラー選択機能の新規提供
  • ワークシート中の列ラベルに応じた列の表示や非表示

詳細は「使いやすさの向上」ページへ


Originアプリ

  • LaTeX数式ツールやODEソルバーなどの追加ツールをアプリ・ギャラリー内に取り込み
  • 「ファイル交換の場」のWebページからアプリを検索

詳細は「Originアプリ」ページへ

 

グラフ作成

  • クローンのグラフテンプレートを使ったスマートプロット機能
  • 経済・株式部門のグラフ作成で役に立つ週末/祝日スキップ機能
  • 説明ラベルカスタム化をより簡単に
  • テキストラベルや凡例テキストで行間隔を制御可能
  • バッチプロットやテンプレートで、グラフのロングネームやショートネームを設定。

詳細は「グラフ作成」ページへ


データ分析とバッチ処理

  • グラフに貼り付けられたレポート・テーブルを容易にカスタム化
  • 三元配置ANOVA、偏相関係数、クロス表などの新しい統計機能
  • バッチ処理で、MS Wordのテンプレートを使って結果レポートを作成
  • バッチ処理で「各プロセス前の処理スクリプト」機能をサポート
  • 複数ファイルのバッチ処理で、順序だったシート内へインポート

詳細は「データ分析とバッチ処理」ページへ


インポート & エクスポート

  • Originグラフを一貫したスタイルでPowerPointに送信
  • より多くのサード・パーティのファイルフォーマットをサポート。より多くのフォーマットで「インポート後の処理スクリプト」機能をサポート

詳細は「インポート & エクスポート」ページへ


プログラミング

  • OriginとRの間でデータをやり取りするためのR-コンソールとRServeのサポート
  • LabTalkスクリプトの実行速度の改善

詳細は「プログラミング」ページへ