Vol.15 Google Mapから画像を取得してグラフに挿入(アプリ機能)

Origin2017では、無料アプリを利用して対応する緯度経度範囲のGoogle Map画像をグラフに挿入出来ます。

最初に、Origin2017向け無料アプリ「Google Map Import」をOriginlabを公式サイト、Origin File Exchange からダウンロードしてください。

ダウンロードが完了しましたら、Origin2017のアプリウィンドウにドラッグ&ドロップしてインストールします。

今回使用するグラフデータ(salmonpopulation.opj)はこちらからダウンロードしてください。

このOPJには、カナダで行われた鮭の稚魚の捕獲調査のデータを利用して、緯度経度のXY軸上にバブル図を作成しています。

このグラフを一度クリックしてアクティブにしてから(重要)、アプリウィンドウのGoogle Map Import をクリックして下図のダイアログを開きます。

解像度を調整し、MapTypeを選んでください。今回はTerrainを選択しています。

Importの方式を「Area within ROI Box」に設定すると、緯度経度の範囲が入力できるようになりますので、挿入するグラフの軸スケール範囲を入力して、「Import as Update]をクリックします。

下図の様に、グラフにGoogle Mapの画像が挿入されます。

地図のタイプを変更したいときは、Map Typeを変更後に「Import as Update」をクリックしてください。 挿入した画像を削除したい場合には、メインメニューの「編集」で「ボタン編集モード」をクリックし、画像を選んでDeleteキーを押します。

※編集が完了した後は、ボタン編集モードを解除して元に戻してください。

Origin2017の体験版でも上記の機能をご利用頂けます。皆様ぜひお試しください!

 

お問い合わせ

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せページのフォーム「テクニカルサポート」よりテクニカルサポートまでご連絡ください。

その際、必ず「製品名」「バージョン」「シリアル番号」をご連絡ください。