熱輸送解析

SVHEAT™は、凍結・非凍結土壌の熱伝導・熱伝達解析を行うソフトウェアです。基礎地盤、パイプライン、熱サイフォンを取り扱い、周辺環境の影響を考慮するための気象データを入力条件に設定することが可能です。また、境界条件として、降雪を設定することができます。

SVHEAT™の主な機能

  • 凍結/融雪深さと温度の時間変化をプロット
  • 1次元、2次元、軸対象、3次元解析
  • 凍土/不凍土における熱伝達・熱伝導現象を解析
  • 応用境界条件により、雪の断熱効果をモデル化
  • 気象データの入力により、表面温度の導出可能
  • SVFLUX™やSVAIR™と連携して解析が可能
  • 自動メッシュ生成・細分化

適用例

  • 冬期の凍結深度解析
  • 凍結・非凍結時の熱伝導量と熱伝達量を解析
  • アースダム上の鉱山シャフト周辺の凍結パイプや熱サイフォンの利用を含む土壌凍結現象
  • ボアホールの熱エネルギー貯蔵システム(BTES)工程のシミュレーション
  • 基礎地盤の熱流量解析 
  • 滑走路地盤内の凍結・融解現象
  • 地熱貯留層のモデリング
  • 運河における熱輸送モデリング
  • 氷/水境界と凍結領域の導出(SVHEAT™とSVFLUX™を使用)
  • 永久凍土の凍結深度
  • 池や道路周辺の熱レジーム
  • 冷却パイプラインの凍結
  • 凍結/融解を減少させる対策の効果を検討

滞水層の温度変化(2次元)

 

土壌内の温度変化(3次元)