SVOFFICE™5 / WR

SVOFFICE™5 / WRは、地盤環境工学者向けに開発されました。Los Alamos National Labs (LANL)が開発したFEHM有限要素解析エンジン(https://fehm.lanl.gov/)を搭載しています。 SVFLUX™WRを使って、ユーザフレンドリーなインターフェイスを利用して、複雑な三次元地形モデルを構築できます。また、SVFLUX™モジュールは、SVOFFICE™5 / WRスイートのSVDESIGNER™SVSOILS™SVSLOPE®と連携して利用可能です。

このFEHMソルバーは、大規模な非線形不飽和地下水モデルを安定して解析することができます。EPAスーパーファンドの解析を含む、多くの政府・国際プロジェクトで利用されています。

SVOFFICE™は、CADインターフェースを使っているので、素早く簡単にモデルを作成することができます。3D空間で三角形(2D)または四面体(3D)メッシュを生成できます。レイヤーごとに複数のノードがあり、ピンチアウトをモデル化できます。ACUMESH™という可視化モジュールを使って、FEHMソルバーによる計算結果を可視化することができます。数百万ノードを超える非常に大規模なモデルを簡単に視覚化でき、また、アニメーションをスピーディーに作成することもできます。

FEHMソルバーのメリット:

  • 複数ノードを有する非線形不飽和モデルを安定して計算
  • スーパーコンピュータに適用
  • 揚水井ネットワークの水位降下と注水モデリング
  • 極めて薄い帯水層モデルの実行

FEHMソルバーだからできること:

  • 非構造化グリッドを有する3次元の複雑な形状の解析
  • 飽和・不飽和媒体
  • 完全に暗黙的に完全に結合された非線形方程式のニュートン・ラプソン法を組み合せた陰解法
  • コントロールボリューム法(CV)および有限要素法(FE)法

多くのノードを有する複雑な3D数値モデルであっても、FEHMソルバを用いることにより、安定した解を求めることができます。