▲ トップに戻る

使い方のヒント

Stata を使いはじめる

Stata の基本的な操作方法を動作ごとにまとめてみました。
はじめて Stata を操作する方はぜひ一読ください。
必要のないところは読み飛ばしてお進みください。

1 最初の準備をする
2 データを読み込む
3 生データを確認する
4 データを直接編集する
5 記述統計量を求める
6 線形回帰をおこなう
7 結果を保存する
8 データを保存する
9 Stataを終了する
10 コマンドの機能を調べる
11 adoファイルを利用する

HTML
HTML
HTML
HTML
HTML
HTML
HTML
HTML
HTML
HTML
HTML

Stata で分析する

Stataの使い方をデータ管理や統計分析に関するトピックごとに技術文書として発行しています。
文書中のコマンドは実際にStataで走らせることができます(対応バージョンにご注意ください)。
備忘録としてもご活用ください。

線形化DSGE

線形化DSGE、オイラー方程式、ニューケインジアンモデル、テイラールール、政策行列、遷移行列。dsgetssetestat policyestat transitionirftsappendforecast(Stata 15以降に対応)



dsgeコマンドの構文、制御変数、状態変数、ショック、置換表現。unobservedオプション、stateオプション。(Stata 15以降に対応)


rtrianglePDF

ERM (拡張回帰モデル)

ERM、内生共変量、内生サンプルセレクション、内生処置の混在。eregresseregress, endogenous()eregress, select()eregress, entreat()(Stata 15以降に対応)


SEM (構造方程式モデリング)

SEM、主成分分析、信頼度、クロンバックのアルファ。semコマンド、factor, pcfコマンド、alphaコマンド。主成分得点。predictコマンド。 (Stata 12以降に対応)



SEM、平均ベクトル、共分散行列、尤度比検定、適合度。2ファクターモデルのための準備。semコマンドのバリエーション、estat, gof。(Stata 12以降に対応)



SEM、2ファクターモデル、識別、パス図、誤差間の相関。semestat gofestat mindices。(Stata 12以降に対応)



SEM、3ファクター間の時間軸による一方から他方への影響、識別、モデルの改善、MI、GSEM、SSD。semestat eqgofestat gof, stat(all)estat mindicesestat teffectsgsemssd。(Stata 12以降に対応)



2レベルモデル、およびマルチレベル計測モデル、マルチレベルワイブルサバイバルモデル、パス図の作図。gsemgroupオプション、ginvariantオプション。(Stata 13以降に対応)


パネルデータ分析 ~中級編~

Population-Averaged 推定量。xtreg, paコマンド。xtdescribeコマンド。プーリング回帰。パネルデータの系列相関の分析。xtgeeコマンド。 (Stata 11以降に対応)



ハウスマン・テイラー法。操作変数法。内生性の検定。xthtaylorコマンド。ivregress 2slsコマンド。estat endogenousコマンド。xtivregコマンド。(Stata 11以降に対応)



ダイナミックパネルデータモデル。GMM。過剰識別制約の検定。xtabondコマンド。xtdpdsysコマンド。xtdpdコマンド。ivregress gmmコマンド。estat overidコマンド。(Stata 11以降に対応)



非線形パネルデータモデル。パネルロジット推定量(プーリング, PA, RE, FE)。パネルポアソン推定量(プーリング, PA, RE, FE)。xtlogitコマンド。xtpoissonコマンド。xtdpdコマンド。estimatesコマンド。xtsumコマンド。(Stata 11以降に対応)


以前の記事についてはこちらからご覧になれます。
アーカイブ

 


海外リソース

Stataに関する情報を掲載した海外サイトの一覧です。Stata社(StataCorp LLC)や米国の大学などが公開しているStata活用に役立つサイトの一部をまとめます。

機能の解説

Stataを学ぶ

FAQ

adoファイル

adoファイルの発表