ICDD PDF-4+

無機材料中心の世界最大級の粉末回折データベース

PDF-4+ 2019

粉末回折データベース

PDF-4+ 2019は、単体のデータベース製品としては世界最大。データ登録数が412,083件という 無機物の巨大なデータベースです。ICDD、MPDS、NIST、FIZのデータが統合されたもので、 回折データ、物理特性、結晶データ、文献情報などを総合的に提供します。

PDF-4+ のライセンス期間は1年間です。2年目以降も引き続きご利用いただくには年次更新が必要となります。 更新しない場合、データベースはライセンス期限切れで使えなくなります。

PDF-4+ には、ICDDが作成したそれぞれのデータベースの情報を検索・閲覧するソフトウェアが含まれています。 相同定を行うためには、別途、ICDD製の「SIeve+」や他社製の相同定を行える解析ソフトウェアをご購入ください。


PDF-4+ のキーワードは「SMART」なデータベース

PDF-4+ 2019は、以下のようなフリーのデータベースでは成し得ない優れた特徴を持っています。高品質なPDF-4+を使うことにより、高品質の実験データを高品質のレファレンス・データと比較することができ、結果としてより低濃度の物質の同定がより多くできるようになります。

S : 標準化されたデータ (Standardized data)
単なる数字の集まりではなく、物質・材料を分析して問題を解決する能力が向上するように作られています。狙いを持ってデータが標準化され、同定や定量分析を実施するために構成されています。

M : 捕捉率の高さ (More coverage)
粉末回折データと単結晶データの両方の膨大なデータを含む世界で唯一のデータベースです。無機物質、鉱物のの原子座標の収録数が世界最多であるなど、さまざまなデータを網羅するデータベースです。

A : 品質チェックを受けている (All data sets are evaluated for quality)
ICDDのスタッフは、すべてのデータセットについて100項目を超える品質チェックを実施しています。また、ICDD は世界中の結晶学データベース機関の中で ISO9001 認証を受けている唯一の組織です。

R : 審査と編集、公開前の修正 (Reviewed, edited and corrected prior to publication)
品質チェックが行われたデータについて、ICDDは公開前にできる限り修正を試みます。また、そのデータの品質に応じて品質記号(quality mark)を割り当て、ユーザの参考になるようにRefereneのセクションに編集者のコメントを付け加えます。加えられたコメントは数十万件に達します。

T : 相同定と分析に照準 (Targeted for material identification and characterization)
ICDDのデータベースは、用途別のサブファイルに分類されています。例えば、セメント(cement)、高分子(polymer)、鉱物(mineral)、セラミックス(ceramics)、医薬品(pharmaceutical)、科学捜査(forensics)、電池材料(battery materials),熱電材料(thermoelectrics)、水素貯蔵材料(hydrogen storage materials)などのサブファイルがあります。サブファイルという分類を活用することにより、化学的に間違った検索結果が現れるのを抑制することができます。


収録されたデータ総数はPDF-4+で412,083件!

pdf4-05.jpg

PDF-4+ 2019のデータの内容は以下の通りです。

データ総数:412,083件

データソースの内訳:
同定
データ総数 412,083件
(無機化合物 378,119件)
(有機化合物 44,643件)
新しく追加されたデータ 13,357件
有機材料のデータ 44,643件
定量
原子座標を含むデータ 311,225件
参照強度比(Reference Intensity Ratio、I/Ic) 312,395件
データベースのソース
データベースソース ICDD Powders(00)、ICSD(01)、NIST(03)、MPDS(04)、ICDD Single Crystal(05)

PDF-4+ 2019の動作条件

PDF-4+ 2019 と SIeve+ の動作条件は下記の通りです。

CPU Intel Core 2 Duoプロセッサまたは同等以上を推奨
RAM 4GB以上
HDD 空き容量 10GB以上 NTFSファイルシステムが必須
対応OS Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7 SP1