Originトレーニング 「初めてのLabTalk 」

LabTalkは、Originの操作のほぼ全てを実行可能なプログラミング言語です。
「初めてのLabTalk」は、プログラミングを一から自習する時間は無いが、Originでの一連の作業を自動化したいと考えている方のためのトレーニングです。
実際にパソコンを操作(キーボードによる入力が主となります)して頂きながら、LabTalkスクリプトの利用テクニックをご案内致します。
また、LabTalkによる動画の作成方法、統計ソフトRやプログラミング言語Pythonと連携する方法についてもご紹介します。

※一般的なプログラミングに関する基礎知識の習得を目的とするものではございません。

講習内容
1. LabTalkの概要
LabTalkによるOriginの自動化に必要な基本的なスクリプトを豊富な例題をつかって解説します。
スクリプトウィンドウの使い方、ユーザ定義のボタンの作成方法、簡単なLabTalkスクリプトが記述できるようになります。

2. LabTalkでグラフを作成してみましょう。
Originの特長的な機能である高度なグラフ編集機能を自動化するためのスクリプトを演習を交えて解説します。
2D/3Dのグラフをスクリプトで作成できるようになります。
更にスクリプトを割り当てたカスタムツールバーやボタンを作成できるようになります。

3. LabTalkで簡単な解析(FFT)を実行してみましょう。
ダイアログの設定内容をスクリプトへ自動生成する方法を以下の一連の処理の流れで解説します。
(1) datファイルのインポート
(2) FFT解析
(3) 結果データをcsvデータとしてエクスポート
データのインポートからFFT解析結果の出力までの操作が自動化できるようになります。
また、記述したスクリプトをファイル(.ogs)として保存できるようになります。

4. LabTalkでのフィット解析
LabTalkを使って、線形/非線形フィットを実行する方法を説明します。
スクリプトで線形/非線形フィットが実行できるようになります。

5. 動画の作成とエクスポート
等高線図や折れ線図の動画を作成し、MPEG4に変換する方法を解説します。
動画の作成からエクスポートまでを処理が自動化できるようになります。

6. 統計ソフトR/プログラミング言語Pythonとの連携
RやPythonとの連携方法に関して、簡単に説明します。
RコンソールやPythonコンソールが利用できるようになります。

7. 演習問題
演習問題を通じて、本トレーニングで習得した知識を使いこなせるようになります。
 
参加費用(税抜き)
30,000円
会場
株式会社ライトストーン セミナールーム
都営新宿線岩本町駅 徒歩5分/JR馬喰町駅 徒歩5分/JR浅草橋駅、JR秋葉原駅 徒歩7分   地図
受講にあたって必要となる知識
「基本操作マスターコース」を受講済みか、または同等レベルのOriginの基本操作を習得済みの方。
開催日時空席状況申込
2019年12月20日(金) 10:00-17:00 受付中