MAXQDA - 関連書籍

MAXQDAが紹介されている質的データ分析に関する書籍を紹介します。
※書影か書籍名をクリックするとAmazonの販売ページが開きます。

質的テキスト分析法

質的テキスト分析法 基本原理・分析技法・ソフトウェア

ウド・クカーツ(著)佐藤 郁哉(訳)
発行:新曜社
A5判 288ページ
価格 2,900円+税
ISBN978-4-7885-1560-4
2018年3月

-質的研究を志す人のための手引き-
インタビューや観察、質問表を主とする質的研究では、テキスト=文字のデータや記録が膨大になります。それらを適切に解釈・分析し、良い論文を書くためにはどうすればよいのか、多くの初心者が途方に暮れ、アドバイスを求めています。本書は、そんな不安と渇望に応える、質的データを体系的に分析するための実践的なガイドブックです。代表的な方法を取り上げ、実際の手順をステップ・バイ・ステップで示しながら懇切に解説しました。さらに日本語で使えるようになったコンピュータ・ソフトウェアの意義と可能性についても解説されています。著者・訳者とも質的研究の第一人者による本書は、質的研究の初心者だけでなく、研究者にとっても、方法について改めて見直す恰好の手引きです。

MAXQDAの開発元がお薦めしている質的テキスト分析の入門書「Qualitative Text Analysis. A Guide to Methods, Practice and Using Software.」の日本語訳書籍です。
著者はフィリップ大学マールブルク(ドイツ)の教授で、MAXQDAの開発者でもあるウド・クカーツ氏、訳者は質的データ分析に関する書籍を多数執筆されている同志社大学商学部の佐藤郁哉教授です。


QDAソフトを活用する 実践 質的データ分析入門

佐藤 郁哉(著)
発行:新曜社
A5判 176ページ
定価 1,800円+税
ISBN978-4-7885-1133-0
2008年10月

QDAソフトウェアの最も基本的な使用方法に焦点を当てているため、QDAソフトウェアの使用が初めてで「何から手を付ければ良いか分からない」という方にお薦めです。姉妹本の「質的データ分析法 -原理・方法・実践-」(下で紹介) よりも、QDAソフトウェアの利用に重きを置いた内容となっています。


質的データ分析法 原理・方法・実践

佐藤 郁哉(著)
発行:新曜社
A5判 224ページ
定価 2,100円+税
ISBN978-4-7885-1095-1
2008年3月

本書では質的データ分析に対してよくある「ただの主観・感想ではないか?」という疑問について、そのように投げかけられる要因を7つのタイプの「薄い記述」として初めに解説します。そして、その「薄い記述」を説得力のある「分厚い記述」にしていくための質的データ分析の基本原理と実践的な手順を学ぶことができます。
実践の解説は汎用的な手作業での手法がメインです。ソフトウェアを利用した解説もありますが、ソフトウェアをより深く利用する手順については姉妹本の「QDAソフトを活用する 実践 質的データ分析入門」(上で紹介)をご覧ください。

その他

QDAソフトウェア入門」無料配布のPDF
佐藤 郁哉(著)

上記の書籍の著者である佐藤郁哉先生がMAXQDAの使い方のガイドのPDFを無料で公開しています。
旧バージョン向けの内容ではありますが、最新版のMAXQDAも旧バージョンから数多くの機能を継承しているため、似たような操作で利用可能な機能が数多くあります。
http://www.shin-yo-sha.co.jp/sato_data.htm