MIPAR Version 3.3リリース!

新しい機能

ダークモード

ダークモード

目の疲れを軽減するダークモードにソフトウェア画像を変更できます。多少ではありますが、消費電力の低減にもつながります。

画質向上

低解像度画像出力の画質向上

Color by Measureなどの画面で色スケールやIDを付属した画像はとても低解像度(610x470)でしたが、この解像度を(3500x2625)に向上しました。

Number of Features

Number of Features

Reject Featureの選択肢として追加された「Number of Features」は、コンパニオンイメージ内の特徴部の数に基づいて特徴部を除外します。「Number of Hole」は、特徴部内に含まれる穴の数に基づいて除外します。

表示/非表示の追加

表示/非表示の追加

画像プロセッサの「表示モード」ドロップダウンの横に「表示/非表示」ボタンが追加されました。これにより、現在のセグメンテーションと参照画像をワンクリックで切り替えることができます。

新しい測定

新しい測定

新しいCount Fractionは、現在のイメージの特徴部の数を、選択したメモリイメージの特徴部の数に対する割合として測定します。また、「Intensity Sum」が新しい機能測定として追加され、コンパニオン画像に対する、現在の画像の各特徴部内の強度の合計を測定します。

Load Companion

Load Companion

コンパニオンイメージの読み込み時に、新しいセットアップウィンドウが開くようになり、コンパニオン画像の選択やChannel Operationなどの設定が効率的に出来るようになりました。

  

その他変更改善点

メニューのPre-Processing > Frequency > Make FFTから、カスタムFFTフィルターを作成できるようになりました。
レシピを組み合わせて作成したカスタムFFTフィルターは、コンパニオンイメージとして設定することが出来、他の画像に対して利用できます。

Smooth Featuresで15より大きい「ウィンドウサイズ」値を使用できるようになりました

Local Segmentationに進行状況を表すインジケーターが追加されました

最適化により、3D Stuckを動画にエクスポートする際のメモリ不足エラーが解消されました

お問い合わせ

価格やお見積のご相談は株式会社ライトストーンまでご用命ください。