MAXQDA Analytics Pro

MAXQDA Analytics Proは統計分析のための幅広い機能を搭載しています。シームレスに質的データを定量化し、分析に根拠や妥当性を強化します。MAXQDA内で質的データを統計分析したり、ExcelまたはSPSS形式のデータセットをインポートして接続したりします。



MAXDictioデータの互換性

Statsモジュールを使用してMAXQDAのプロジェクトで統計計算を実行できます。文書全体のコードの頻度を統計分析し、統計分析の結果に基づいて質的プロジェクトで新しいデータグループを作成します。

データのすべての部分を含めるか、分析を特定の文書やコードに限定するためにアクティベーションを使用します。 他の統計ソフトウェアパッケージと同じように、ExcelまたはSPSSデータセットで作業することもできます。


MAXDictio記述統計

変数やコードの頻度や割合を比較するために基本的なグラフを作成します。頻度表はインタラクティブです – 列や行を削除したり統合したりすると自動的に割合を再計算します。結果に合わせてカスタマイズ可能なグラフやダイアグラムを作成し、出力ビューアにコピーするか、レポートやプレゼンテーションに直接コピーします。

平均、標準偏差、分散、四分位数、中央値、範囲を含む記述統計を計算できます。


MAXDictioグループの比較

2つ以上の変数の間にある関連性を調べる手法は非常に多様です。クロス集計は統計ソフトウェアが得意とする基本的な手法の1つです。カスタマイズが簡単で統計者でなくとも深い洞察が得られます。ハイライトオプションにより結果の解釈が簡単かつ迅速になります。

より進んだ分析を行いたい場合は、分散分析(ANOVA)で異なるグループの要因効果を比較することもできます。


MAXDictio相関

データの関連を調べるのに最も基本的な統計手法の1つは相関を確認する方法です。Statsモジュールを使用すると、2,3回のマウスクリックで最も一般的に使用される2つの相関係数(ピアソンのrとスピアマンのρ)を計算できます:。


MAXDictioスケール、計算と再コーディング

独自のスケールを作成することは、最も興味関心がある領域を正確に計るのに良い方法です。信頼性をチェックするためにCronbachのAlphaを計算します。スケールを新しい変数として保存し、そのアイテムの値の総和や平均を計算します。

既存の変数の値を計算したり、再コーディングしたりすることで新しい変数を作成できます。


MAXDictioユーザフレンドリな出力ビューア

使いやすさは常にMAXQDA製品群の強力な特長として認識されてきました。MAXQDA Analytics Proでは、使いやすさの高い標準を統計分析の領域にまで拡張しています。統合された出力ビューアは、この約束を実現するために実装した多くの機能の1つに過ぎませんが、重要なのは1つのクリックですべての表と各グラフを出力ビューアにエクスポートすることです。 その間にあなたが何をしていても、簡単なコピー&ペーストでレポートに転送する準備ができています。