Origin/OriginProユーザ事例集

 

第1回「風の流れを読み、深刻な大気汚染の解消を目指す!(1)」

 

国立環境研究所 大気環境研究領域 主任研究員 上原 清 様
[リンク:国立環境研究所]

研究分野    :環境汚染、大気汚染
Originの用途:論文や発表資料用のグラフや図の作成

論文

  • 通風を考慮した沿道高濃度対策の検討、大気環境学会誌41(2) 2006年3月
  • 沿道大気汚染の可視化、可視化情報学会誌Vol.26 No.102 2006年7月
  • 沿道建物列の隙間がストリートキャニオン内濃度に及ぼす影響に関する風洞実験、日本建築学会環境系論文集、第610号、2006年12月

上原さんの研究分野は大気汚染。近年行った研究には、「川崎市池上新町の交差点の大気汚染対策」という身近な問題もあり、私たちの生活にも深くかかわっています。その上原さんが研究成果をまとめるときにいつもご利用いただいているのがOriginです。もう10年もOriginを使っているという上原さんに、研究の内容やOriginの利用方法をうかがいました。

● 日本一ひどい大気汚染を軽減する研究

環境問題について社会の関心が高まり、さまざまな対策がとられるようになった結果、以前のように大規模な公害が発生することは少なくなりました。しかし、環境汚染の問題がなくなることはなく、例えば交通量が多い道路の周辺などでは空気の汚染問題は依然として深刻です。

上原さんは、市街地における風の流れや大気汚染物質の拡散を研究することにより、道路近傍の局所大気汚染の対策を目指しています。今回詳しく語っていただいたのは、近年研究されている川崎市池上新町の交差点の大気汚染についてです。

「ここは1990年代半ば頃、日本でいちばん沿道大気汚染がひどかった場所で、僕たちの前にもさまざまな対策が取られてきました。例えば土壌浄化。バクテリアがいる湿った土の中に空気を通して浄化するものです。また、歩道に設置した光触媒を利用した舗装材料や、高架道路の下に取り付けたフェンスにツタを這わせて植物浄化する対策も行われました。」

しかし、上原さんは言います。「土壌浄化では浄化施設に空気がやってくるまでに汚染物質の濃度がすでに100倍とか1000倍に薄まってしまっているので、集めて浄化しても効果が薄いのです。」

また、光触媒による浄化や植物浄化についても「効果がないわけではありませんが、1日何万台も交通量があるうちのトラック数台分程度しか効果がなかったり、フェンスを設置するとむしろ風通を悪くしてその影響が出るなど、そう簡単ではありませんでした。」

汚染物質の濃度分布や風の流れを表現する図を作成するために、最近ではベクトル図や等高線図をよく利用しているそうです。 中央にあるのが高架道路。空気の流れがベクトル図(黄色い矢印)で表されています。 ベクトル図の部分はOriginで作成されたものです。

メニューに戻る  1  2  3  次のページ