Stata パネルデータ分析ウェビナー≪New≫

パネルデータ分析とは、通常の回帰分析では捉えることのできない個体の異質性も含めてモデル化する手法です。数量化できない質的な情報をモデルに組み込むことができます。
このウェビナーでは、Stataで行うパネルデータモデルについて解説します。
パネルデータ分析とは、通常の回帰分析では捉えることのできない個体の異質性も含めてモデル化する手法です。数量化できない質的な情報をモデルに組み込むことができます。

本ウェビナーは、次のように行います。

1. パネルデータ分析の考え方
パネルデータとは何か、パネルを利用することの利点とは、といったパネルデータ分析のための基礎的な知識を簡単にご説明します。また、固定・変量効果モデルのいずれを採用すべきかを決定するための検定方法についても解説します。

2. モデルの推定
実際にStataを使用して、推定します。

3. 追加機能の紹介
Stataの標準機能では対応できない2方向の固定効果モデルに関して、外部の追加機能をご紹介します。

4. まとめ
ウェビナーでお話した内容を簡単にまとめます。
■参加費用 無料
■株式会社ライトストーン ライブ配信
開催予定はありません。
page_top_icon