粒子・細胞・結晶の高度検出・測定に最適!

画像解析ソフトウェアMIPAR

バージョン4.0リリース!!「AI Session Processor」新登場

高度な画像検出/解析を身近に 最新AIソフトウェア MIPAR
5/17 無料MIPARウェビナーにご参加頂き有難うございました!

 

New! 粒子でのDeep Learning適用例動画(画面を拡大してご覧ください 2:16)

 

MIPAR紹介ビデオ(音声が流れますのでご注意ください 日本語字幕付き 1:31)

こんなことでお困りではありませんか?

画像解析を自動マクロ化したいけど、プログラミングが大変
いま使っているソフトでは、充分に検出しきれない
検出の設定がうまく出来ない。フリーソフトだから相談しにくい…

画像解析ソフトウェアMIPARなら・・

メニュー操作だけでバッチ処理を楽々実行!
難しい検出にはDeep Learning機能が最適!
熟練の担当者がレシピ作成をお手伝いします!
日本語サポートも充実!

体験版をご利用頂いている方には、無料で検出レシピを作成します!

検出
検出

画像から取得したい特徴部を高度に検出できます。検出の設定は「レシピ」として保存されます。

解析
測定・解析

画像から検出した特徴部に対して多数の測定を一度に実行し、測定・解析結果を出力することができます。

バッチ処理
バッチ処理

MIPARでは、効果的なバッチ処理が可能です。レシピを作成することで、複数の画像を一括処理し、解析結果を表示することができます。

3つの追加オプションをご用意しています

DL
Deep Learningによる
AI高度検出(オプション)

AI、Deep Learning(深層学習)により、これまで困難だった検出も行えます。MIPARでの深層学習は、教師画像を数枚準備して頂くだけで行えます。

3d
3D Toolboxによる画像積層
3D化(オプション)

集束イオンビーム装置や多光子励起顕微鏡、ライトシート顕微鏡などによって得られた複数の断面画像を積層して3D画像を作成し、体積計算などを行えるオプションをご用意しています。

バッチ処理
Report Generator
(オプション)

測定した結果や画像をWord形式で自動的に出力します。

金属材料の研究と品質管理を行っているバイオテクノロジー企業での導入効果例

問題点:
画像データの分析は別の会社にアウトソーシングされており、5〜7日のリードタイムと都度のコストが必要だった。社内で解析を手動で行う場合は、1サンプルあたり2時間以上かかってしまうので、コストと時間の削減が求められていた。

解決策:
MIPARを導入して完全に検出と解析を自動化することが出来るレシピを作成し、30秒で完全なデータレポートと品質管理用のサマリーを得られるようにした。

得られた顧客価値:

  • 1人のエンジニアが240サンプルを2時間で処理できるようになり、サンプルスループットが240倍になった。
  • 分析を外部委託する場合の費用と待機時間を削減出来た。外部委託から解析が戻って来た時の「期待外れの結果」も無くなった。
  • 新しい測定値を自由に加えることで必要に応じた解析が手軽にでき、材料の性能を向上させ、競争上の優位性を提供出来るようになった。
  • 研究者自身が状況を確認しながら操作できるので、より正確で妥当なデータレポートを顧客に提供できるようになった。
  • 新しい技術者へのトレーニングはレシピの実行方法を10〜20分で示すだけなので、引継ぎの時間も短縮できた。

  • MIPARの様々な解析例はこちらのページをご覧ください! 
  • 開発元MIPAR Software LLCのオハイオ州立大学卒メンバーが解析のご相談を承っています。 
  • 新着情報

    v4.1.0をリリース!

    複数の画像をチャンネルに設定してImage Processorで開けるようになりました。また、カラー画像に対するチャンネルオペレーションが改良(複雑なRGB操作、16bit対応、正規化、ゼロ除算)された他、輝度測定の際に、16bitの画像でもそのままの輝度で測定出来るようになりました。他にも機能改善とバグ修正が多数施されています。

    Version4.1 release!

    お問い合わせ

    各種ご相談は、株式会社ライトストーンまでお知らせください。

    お問合せ:03-3864-521103-3864-5211
    受付時間:平日9:00~18:00
    page_top_icon