粉末X線回折パターンから結晶成分を同定
Match!

Match!は、X線回折(XRD)の粉末回折データから相同定を行うための使いやすいソフトウェアです。試料の回折パターンを参照パターンを含むデータベースと比較し、存在する相を識別します。既知の相、元素、密度など、試料に関する追加の知識を簡単に適用することができます。
この定性分析に加えて、定量分析(リートベルト解析を用いた)を行うことも可能です。 Match!では簡単にセットアップしてリートベルト解析を行うことができます。著名なプログラムである「FullProf」(by J. Rodriguez-Carvajal)をバックグラウンドで使用して、実際の計算は自動的に実行されます。Match! を使用すれば、完全自動操作から「エキスパート」モードまで、リートベルト解析を簡単に導入できます。このソフトウェアはWindowsmacOSLinuxでネイティブに動作します。

Match!画面

 

Match! ニュース (2020/07/08更新)

※Windows7などでMatch!をうまくインストールできない場合は、Match!のインストールプログラムのアイコンの上で右クリックし、「管理者として実行」を選んで実行してください

■アップデート情報

Match! 3アップデート (2020/07/08)
・ Match!のバージョン3.11.0.175がリリースされました。
・ セキュリティ対策の向上とバグ修正が行われています。
・ アップデートの際は、旧バージョンをアンインストールせずにそのまま新しいバージョンのインストールプログラムを実行してください。アップデートされたバージョンが上書きインストールされます。
・ macOS 10.14 Mojaveのダークモードでは、インストールプログラムのダイアログの一部の要素が見えにくくなります。ライトモードに変更してからインストールしてください。
・ Match!バージョン3.8.1.142にはクラッシュするバグがありました。バージョン3.8.1.142をご利用の場合、Match!のアップデートをお願いいたします。
・ バージョン3.7.0から、Treor90またはDicvol06を使った指数付けが行えるようになりました。
・ 以前はOSの環境別に6種類のプログラムが提供されていましたが、以下の4種類に統合されました。(1)Windows 64bit版、(2)Windows 32bit版、(3)MacOS X版、(4)Linux版(Intel 64bit)。
・ 64bit版のMatch!は、インストールフォルダが変わりました(標準設定では「C:\Program Files\Match3」になります。以前の32bit版を64bit版Windowsにインストールしていた場合は「C:\Program Files (x86)\Match3」でした)。
・ アップデート後、ライセンス期間に関するエラーが表示される場合、Match!のインストールフォルダにライセンスファイルをコピーし直してください。

Match! で利用できる無償のデータベースがアップデートされました (2019/09/10)
Match! で利用できるCOD(Crystallography Open Database)のリファレンスデータベースがアップデートされ、データ数が409,390件になりました。下記のリンク先のWebページからダウンロード可能です。

Match!とICDD PDF-2/PDF-4の連携について
Crystal Impact社が、オフィシャルICDDソフトウェアデベロッパーになりました。Match!とICDDのPDF-2/PDF-4データベースを連携させる場合、これまで以上に互換性について安心してご利用いただけるようになります。

Crystal Impact社製 結晶解析関連ソフトウェア

化学、結晶学、材料化学などの分野で役立つCrystal Impact社のソフトウェア製品を販売しています。このページで紹介している結晶の相同定ソフトウェア「Match!」の他に、結晶構造の可視化ソフトウェア「Diamond」、構造モデルの決定ソフトウェア「Endeavour」も取り扱っています。

 

page_top_icon