Stata17で施策の効果測定をしよう! 「差分の差分モデル」ウェビナー

その施策 効果測定しませんか?
Stata17の新機能、差分の差分(difference in differences: DID)モデルは、
新しい治療法や政策・施策など、その効果を測定するような様々な場面で用いることができます。
このウェビナーでは実際にStataを一緒に操作しながら、その機能をコンパクトに紹介します。
講習内容
差分の差分(DIDモデル)は、処置効果モデルにおける平均処置効果を推定する、因果推論において、最もよく用いられる手法のひとつです。
本ウェビナーでは、Stata17で新しく用意されたdidregress(パネルデータではxtdidregress)コマンドでDIDにおけるATETの
推計について解説します。

1.DIDモデルの簡単な説明
DIDモデルと使用するデータの形について簡単に説明します。

2.ATETの推定
実際にStataを使用して、ATETを推定します

3.モデルの診断・検定
ATETの推定後には、並行(共通)トレンドの検定とグラフィカルな診断を行います。

4.標準誤差の調整
十分な標本数が揃わないといった、研究における現実的な課題に対して、ワイルドクラスタブートストラップを利用して、標準誤差を調整する方法を紹介します。

対象:本ウェビナーはv17新機能を利用した構成のため、
新規でご購入予定のお客様、
既にv17をご所有のお客様を対象とした内容となります。
Stataの最新バージョン17をご用意ください。
評価版:https://www.lightstone.co.jp/stata/evaluate.html
新規・アップグレード:https://www.lightstone.co.jp/stata/pricelist.html

・実際の操作画面を見ながら、一緒にStataを操作することができます。
・随時チャットで技術スタッフに質問ができます。また、最後にQ&Aの時間を設定します。
・受講中は、一時停止や巻き戻しが可能です。

 
参加費用(税込み)
0円
会場
株式会社ライトストーン ライブ配信
開催日時空席状況申込
2022年10月5日(水)15:00-16:00 受付中