Stata17ではじめるベイズ統計ウェビナー

本ウェビナーでは、Stataでのベイズ統計に関する操作方法をご紹介します。
ベイズ統計において重要となるベイズの定理、事後分布、事前分布の関係について確認し、
サンプルデータを使用して推定を行います。
Stataにおけるベイズ推定のコマンドは、bayesmhコマンドとbayesコマンドがございます。
本ウェビナーでは、この2つのコマンドの違いや推定後に実行すべきコマンドをご紹介します。
Stataをご検討、ご利用されている方やベイズ統計にご興味のある方など、ぜひご視聴ください。
講習内容
1. ベイズ統計とは
Stataでベイズ推定を行う前の導入として、
ベイズ統計の概要や利点などを分析例を交えてご説明します。

2. ベイズ推定
ベイズの定理、事後分布、事前分布の関係を確認した上で、
事後分布を求めるための方法(MCMC法)についてご説明します。
その後、例題を通してStataでのベイズ推定をご紹介します。

3. 推定後の診断
ベイズ推定後には、得られた事後分布に問題が無いか診断を行います。
Stataではさまざまな診断のための推定後コマンドが提供されており、
例題を交えてご紹介します。

4. まとめ
最後に本ウェビナーでご紹介した内容を改めて振り返り、
Stataでのベイズ推定についてまとめます。  
参加費用(税込み)
0円
会場
株式会社ライトストーン ライブ配信
開催日時空席状況申込
2022年8月23日(火)15:00-16:00 受付中
2022年10月20日(木)15:00-16:00 受付中