RESCU+ / NanoDCAL+

RESCU+(RESCUの上位版)

新規に改良設計された高度な原子シミュレーターである RESCU+(レスキュープラス:Real space Electronic Structure CalcUlator plus) は、従来よりも高度な機能が実装されており、分子動力学(MD)とイオンダイナミクスに着目した密度汎関数理論(DFT)を用いることで対象となる材料の全原子シミュレーションを可能にします。また、RESCU+ には機械学習を用いた革新的な手法がイオンダイナミクスの計算に実装されており、超高速な ab initio 分子動力学(AIMD)計算が利用できます。

NanoDCAL+(NanoDCALの上位版)

次世代の多機能NEGF-DFTナノ電子輸送ソルバーNanoDCAL+(ナノディーカルプラス:Nano DFT CALculator plus)は、NEGF-DFTのLCAOを実装した、非平衡量子輸送の非経験的モデリングのための汎用ツールです。これは、分子エレクトロニクス、ナノチューブ、トポロジカル絶縁体、電池、磁気トンネル接合、金属粒界など、さまざまな分野の何百もの科学出版物で使用されているNanoDCALを継承しています。


RESCU / NanoDCAL

RESCU

RESCU(レスキュー)は、MATLABベースの強力なコーン-シャム密度汎関数理論(KS-DFT)ソルバーです。バルク材料、材料表面、分子の電子構造と派生特性を予測できます。 RESCUは、数値原子軌道または実空間グリッド、あるいはその両方に基づいて基底状態密度を計算します。最大数万の原子で構成されるシステムを解決することを目的として作成されたRESCUは、慎重に並列化され、MPI、ScaLAPACK、CUBLASなどのライブラリを活用します。これには、状態密度(DOS)、投影状態密度(PDOS)、局所状態密度(LDOS、PLDOS)有限変位フォノン、バンド構造ツールなど、多くの最先端の分析ツールが含まれています。

NanoDCAL

NanoDCAL(ナノディーカル)は、密度汎関数理論(DFT)とケルディッシュ非平衡グリーン関数形式(NEGF)を組み合わせたNGFT-DFTの原子起動の線形結合(LCAO)近似で実装されている、非線形および非平衡量子輸送のad initio モデリングのための汎用ツールです。分子エレクトロニクスやナノチューブ、トポロジカル絶縁体、電池、磁気的トンネル接合、金属結晶粒界などの様々な分野において多数利用されており、数百の科学論文に貢献してきました。


QTCAD

QTCAD(2022年5月以降リリース予定!)

2022年Q4にリリース予定のQTCAD(キューティーキャド:Quantum-Technology Computer-Aided Design)は、製造前にソリッドステートスピンキュービットデバイスのパフォーマンスを予測するために使用される有限要素(FEM)シミュレーターです。これまで、多くの設計シナリオの検討に要していたコストの大幅な削減につながります。QTCADは、非線形Poisson、Schrödinger、および多体ソルバーを使用して、k.p理論内のナノ構造に閉じ込められた電子または正孔のエンベロープ関数とエネルギーレベルを計算します。

QTCAD動画(音声が出ますのでご注意ください)

 

Nanoacademic Technology社

開発元のNanoacademic Technology社はカナダのモントリオールにあり、次世代の電子デバイスの特性を予測するためのシミュレーションツールを構築しています。開発されているソフトウェアは、世界中の学術、公的/私的研究室、および産業会社の開発コストを削減するために研究者によって使用されています。

Nanoacadec Technology紹介動画(音声にご注意ください)

 

page_top_icon