JADEについてよくあるお問い合わせ

JADEについてよくあるお問い合わせの情報です。このページにない情報については、お問い合わせフォームからご連絡ください。

購入について

JADE PRO/Standard

Q: JADE PRO/Standardを導入後、ライセンスを追加することはできますか?
ライセンスの追加は可能です。JADE PRO/Standardともに2ライセンス目からは1ライセンス目よりかなり大きな割引となります。JADE PROについては、ライセンス期限が切れていると追加はできません。金額については、営業担当までお問い合わせください。

Q: ハードウェアキーが故障した場合、Jadeを新規で購入し直す必要がありますか?
開発元のMDIでハードウェアキーの故障が確認されれば、1回目については無償でハードウェアキーの交換が可能です。 ハードウェアキーを開発元とやり取りする往復の送料と手数料については、大変申し訳ございませんが、お客様負担となります。また、2回目以降の交換の場合は有償となります。

Q: 購入前に試すことができるJADEのデモ版や体験版はありますか?
貸し出し用の評価版があります。貸し出し条件などの詳細については、営業担当までお問い合わせください。また、展示会などにJADEを出展することがあり、展示会場などで実際にお試しいただくことができます。

JADEの仕様について

JADE PRO/Standard

Q: ICDDのWebPDF-4+に対応していますか?
WebPDF-4+に対応していますが、インターネット越しにデータにアクセスするため、ハードディスクにインストールするPDF-4+の方がスピードの点で優れています。WebPDF-4+のデータへのアクセスはアメリカへの通信となりますので、サーチマッチやデータベース検索の処理速度はネットワークの通信状況に大きく依存します。

Q: 解析結果の図に日本語の文字を書き込むことができますか?
英語版のソフトウェアですが、日本語の文字を書き込むことができます。文字化けの問題はありません。

Q: 無料で利用できるリファレンスパターンのデータベースは付属しますか?
Jadeには、MDI-500とAMCSD(American Mineralogist Crystal Structure Database)のデータベースが含まれており、Jade本体と一緒にインストールされます。データ収録数は、MDI-500が500件、AMCSDが約2万件です。

Q: JADE StandardとJADE PROのライセンス認証の違いを教えてください。
JADE Standard、JADE PROのどちらもライセンス認証にUSBキー(USBドングル)を使いますが、仕様が異なります。
■JADE Standard:
JADE StandardはUSBキーが差し込まれているPCのみ、JADEを起動できます。
■JADE PRO:
JADE PROでは、USBキーを差し込んだPCをライセンスサーバに設定し、フローティングライセンスとして運用することもできます。フローティングライセンスとして運用する場合、USBキーを同じPCに差し込んだまま、ネットワーク内の別のPCでJADEを起動することも可能です。
※ファイアウォールやセキュリティソフトの例外設定などが必要になります。
※フローティングライセンスとして運用せず、JADE PROを使うときにそのPCにUSBキーを差し込み、ライセンス認証を行うこともできます。
※JADE Standard、JADE PRO共に、同時にJADEを起動できるPCの数はご購入いただいたライセンス数分となります。

使い方について

JADE PRO/Standard

Q: ピーク検出の機能で、手動でピークを追加するにはどうしたらよいですか?
ウィンドウの下部エリアで、ピークリストのタブを選択している状態で、キーボードの[Ctrl]キーを押しながら回折パターンをクリックしてください。その位置にピークが追加されます。

Q: 回折パターンの図に枠を表示するにはどうしたらよいですか?
「Display」メニューから「Display X-Axis」→「Frame Pattern Plot」と選ぶと、枠を表示することができます。

Q: 回折パターンの図に横方向の参照線(グリッド線)を表示するにはどうしたらよいですか?
「Display」メニューから「Lines & Stripes」→「Horizontal Lines」と選ぶと表示されます。

Q: 回折パターンの図の色をマウス操作でなく数値を入力して指定することはできますか?
「Display」メニューから「Display Range」→「Exact Range」を選ぶと、「Display Range & Scan Parameters」ダイアログが開き、キーボードから数値を入力して表示範囲を変更できます。

Q: 回折パターンの図の横軸の表示範囲を固定できますか?
「Display」メニューから「Display Range」→「Keep X-Range」で横軸の表示範囲を固定できます。次に開くデータから、指定した範囲が適用されます。JADEを閉じるとこの設定はクリアされます。

Q: 回折パターンの図の色を変更するにはどうしたらよいですか?
「Display」メニューから「Display Colors」を選ぶと、背景や回折パターンの色、テキストの文字など、さまざまな表示要素の色を変えられます。

Q: 大きいピークにのみPhase番号をラベル表示したいです。そのようなことは可能ですか?
まず「Labeling Menu」アイコンをクリックし、「Phase #」を表示させるチェックを付けると、Phase番号をラベル表示できます。その状態でさらに「Dots etc」を選び、「I% Threshold」の上にマウスを合わせ、ホイールを回転させてください。ラベルを表示するピークのしきい値を変更できます。

Q: 測定した回折パターンを表示させるときに、折れ線ではなく実測の各ポイントを散布図で表示することはできますか?
可能です。初期設定では折れ線で表示されますが、メニュー操作で3種類の表示スタイルの中から変更できます。具体的には「Display」メニューの「Fill Style & Dots」で、表示の切り替えを行います。
Data Point Off Data Point On