JADEの概要

XRD解析で必要とされる定性、定量分析、指数付け、リートベルト解析などの機能を提供する業界標準のXRD解析ソフトウェアです。JADEの開発元・MDI社は、約30年前からXRD解析のソフトウェアを提供しているメーカーで、さまざまなXRD解析装置と共にJADEは利用されています。

      

様々なメーカーの粉末回折データをいつも同じ操作で解析

粉末X線回折(XRD)のデータ解析は、それぞれの粉末X線回折装置に付属する解析ソフトウェアを利用するケースが多いかと思いますが、メーカーによってソフトウェアの機能、操作方法は異なります。また、データ形式も異なりますので、あるメーカーの装置から出力されたRAWデータを、ほかのメーカー製のソフトウェアで解析することができないケースも珍しくありません。

JADEは、リガク、PANalytical (Philips)、Bruker (Siemens)、ARL Thermo (Scintag)、Shimazu など、ほとんどのハードウェアメーカーのRAWデータフォーマットに対応しています。また、数多くのリファレンスパターンと結晶構造データベースに対応しています。この分野でスタンダートとして広く利用されているICDDのPDF-2、PDF-4 ももちろん利用できます。

JADE PRO と JADE Standard

JADEには、上位版のJADE PROとスタンダード版のJADE Standardがあります。

■ JADE PRO

JADE PROは、すべての機能を利用できるJADEの最上位版です。測定した粉末X線回折パターンから、結晶相の同定(定性)、RIR法による簡易定量、Whole Pattern Fitting/Rietveld法による定量分析、クラスター分析による回折パターンの分類、結晶子サイズと格子歪解析など、XRDの包括的な解析を行えます。

年次更新型(サブスクリプション型)のライセンス形態を採用しており、年次更新のタイミングでアップデートされた最新のJADE PROをご提供します。

■ JADE Standard

JADE PROと同じ、JADEの最新のユーザインターフェイスを採用した製品です。クラシックスタイルのJADEから一新されたユーザインターフェイスにより、さらに直観的、効率的にXRDの解析を行うことができます。利用できる機能により4段階の製品があります。必要な機能に応じて、最適な構成をご選択いただけます。

ライセンス形態は買い切り型を採用しました。年次更新の費用は必要ありません。JADE PROのより強力で高度な解析機能を必要としないラボにお勧めの製品です。


JADE PROとJADE Standardのおもな違い

JADE PROとJADE Standardの機能の違いについては、下記の比較表をご参照ください。

JADE PRO JADE Standard
ライセンス形態 年次更新型
(サブスクリプション)
買い切り
フローティングライセンスへの対応 対応不可
JADE本体 「JADE PRO」一種類のみ 必要な機能に応じて、4つの構成(レベル)から選択
言語(メニュー等) 英語版 英語版
複数ライセンス割引
その他割引 複数年一括購入による割引があります