JADEの使用例(5)
回折パターンの重ねがき

複数の回折パターンの取り扱い

JADEでは、一度に複数の粉末回折パターンを表示することができますが(回折パターンの多重書き)、ほとんどの回折パターン処理と解析はその中の1つの回折パターンのみが対象となります。具体的には、「スキャン」タブで最初に表示されるプライマリパターンに対して行われます。回折パターンの2Dまたは3D表示、バッチ処理については、複数の回折パターンが対象となります。

回折パターンの多重書きは、1つのファイルに複数の回折パターンを含む形式にも対応します。このような形式のデータファイルを読み込むと、ファイルに含まれているすべての回折パターンが「スキャン」タブに表示されます。また、メインプロットウィンドウには回折パターンが(2θ-強度)のプロットとして表示されます。

スキャンタブに表示された複数の回折パターン

プロットウィンドウに表示された複数の回折パターン

データの追加方法

複数のデータファイルの回折パターンを読み込む場合は、ファイルリストで複数のデータファイルを選択して開くか、追加したいデータファイルの上で右クリックし「オーバーレイ」を選び追加します。

ファイルリストでオーバーレイを選択

ファイルリストからメインプロットウィンドウにドラッグ&ドロップし、回折パターンを追加することもできます。

ファイルリストからプロットウィンドウにドラッグ&ドロップで追加

また、JADEの中のファイルリストからでなく、ウィンドウズのエクスプローラ上(フォルダやデスクトップ上など)にあるデータファイルをドラッグ&ドロップして開くこともできます。重ねがきする場合は、複数のファイルを同時にドラッグ&ドロップします。あとから回折パターンを追加する場合は、キーボードの[Ctrl]キーを押しながらドラッグ&ドロップします。

重ねがきの表示変更

プロット間の間隔の変更

Y軸の左側の領域(赤く囲った領域)をマウスで縦方向にドラッグするだけで、プロット間のシフト量を調整できます。

ファイルリストからプロットウィンドウにドラッグ&ドロップで追加

ファイルリストからプロットウィンドウにドラッグ&ドロップで追加

プロットの表示変更

「スキャン」タブの上で右クリックすることで、回折パターンの表示形式を変更するメニューを開くことができます。曲線のスタイル(実線、短いダッシュ、一点鎖線といった線種の変更など)や、オフセット量(表示間隔)の変更、表示を逆順にするなどの変更が可能です。 また、2つの回折パターンを加算、減算した結果、複数の回折パターンの強度の総和・平均・最大値を採用した結果を作成できます。

スキャンタブのメニューでプロットの表示変更

「スキャン」タブを開くと、スキャンリストのツールバーが表示されます。

スキャンリストのツールバーでプロットの表示変更

すべての回折パターンを合併するメニュー

すべてのスキャンを合併

オフセット量の調整するためのメニュー

オフセット量を調整

2Dと3D表示

プロットウィンドウに3つ以上の回折パターンがある場合、Y軸の上部に表示されているファイル名をクリックすることで、3Dプロットを表示することができます。

スキャンウィンドウ左上に表示されているファイル名をクリックして3Dプロットを表示

3Dプロットは、JADEのメインウィンドウとは別の専用のダイアログに表示されます。

3Dプロットを表示するダイアログがポップアップ

3Dプロットの背景の部分をマウスでドラッグすると、表示角度などを自由に変更できます。

マウスのドラッグ操作で表示の角度や方向を変更可能

3Dプロットのダイアログ右上にマウスポインタを合わせると、下図のようなマークに表示が変わる領域があります。そこでマウスのホイールを回転させると、特定のプロットのみハイライト表示させることができます。

マウスのホイールを回転させて特定のスキャンだけハイライト表示

3Dプロットのダイアログで「2D」ボタンをクリックすると、2D表示(コンター図)に変更できます。JADEのメインウィンドウでサーチマッチを行っていれば、コンター図の下部にリボンプロットを表示することもできます。

コンター図による2D表示に切り替え可能

 

page_top_icon