JADEの使用例(6)
サーチマッチ(結晶相同定)

粉末X線回折の解析で相同定(サーチマッチ)は、全パターンフィッティング(WPF: Whole Pattern Fitting)による精密化と並び、JADEの中心機能の1つです。そのため、JADEのユーザインターフェイスはこれらの解析が使いやすいように最適化されています。

サーチマッチ(相同定)の実行

回折パターンのファイルをプロットウィンドウに開いた状態で、

  • 「相リスト」タブをクリックするか、
  • ツールストリップの「S/M」ボタンをクリックする

だけで、候補となる相のリストが「相リスト」タブに表示されます。

サーチマッチの実行方法

※「相リスト」タブを開いたときに自動でサーチマッチが始まらないようにしたい場合、

  • キーボードの[Ctrl]キーを押しながら「相リスト」タブを開く
  • 「相リスト」タブ下部にある「自動S/M」の設定をオフにする(下図)

のどちらかを行っておくことで無効にできます。

自動サーチマッチをオフにするボタン

ヒットした相は、FOM(性能指数)でソートされます。FOMは0から100の値を取り、値が小さいほど一致度が高いとJADEがみなした相です。FOMに明確なしきい値はありませんが、一般的にFOMが10未満の場合は真剣に検討する必要があります。

プロットウィンドウに表示された複数の回折パターン

伝統的に、ICDDのPDFのようなd-Iリストのデータベースに対して、測定したピークのリストを使いサーチマッチが行われてきました。今日ではコンピュータの高速化と検索アルゴリズムの向上により、測定した回折パターン全体を利用したプロファイルベースのサーチマッチが採用されています。JADEでもプロファイルベースのサーチマッチが採用されています。

プロファイルベースのサーチマッチでは、通常バックグラウンドのフィッティングと削除が必要ですが、バックグラウンドが非常に低レベルな場合とサーチマッチの対象とするデータの範囲を単一または少数のピークにする場合は例外となります。

見やすくするためにバックグラウンドの除去を行う場合は、想定外のヒットを減らすためにバックグラウンドの除去と共にKα2ピーク除去を行います。視覚的にピークを識別するのが困難でない限り、回折パターンのスムージングは必要ありません。

ゼロオフセット

「スキャン | 最近のファイル」リストのタブを開くと、右上に下図のツールバーが表示されます。「2θ(0) = ●●°」のボタンの上にマウスポインタを合わせてホイールを回転させると、手動でゼロオフセットを行えます。

ゼロオフセットを行うツールバー

また、プロットウィンドウのX軸にある「回折角 (2θ)」にマウスポインタを合わせてホイールを回転させる方法でも、手動でゼロオフセットを行えます。

プロットウィンドウの横軸のラベル上でゼロオフセットを行うことも可能

使用するデータベース(サブファイル)の選択

JADEのウィンドウの右下(ステータスバーの右端)に、サーチマッチに使用するデータベース(サブファイル)を表示する項目があります。 この部分をクリックすると、JADEで利用可能なサブファイルの一覧が表示され、どのサブファイルをサーチマッチに使用するか選択できます。

サーチマッチの使用するデータベース

すべてのサブファイルを使用したい場合は、「すべてのサブファイル」を選びます。 複数のサブファイルを選択する場合は、「複数選択を有効化」にチェックを付け、その後、使用したい複数のサブファイルを選びます(チェックを付けます)。

サーチマッチに使用するデータベースを切り替えるメニュー

 

page_top_icon