WMS:水文・水理解析ソフトウェア

WMSの概要

Watershed Modeling System (WMS)は、降雨流出解析、都市流出解析、分布型水文解析、暴風雨水解析、洪水頻度・ピーク流量解析、貯水池水質解析、洪水解析のためのモデルを用いて、河川流域の水文・水理解析を行うことができるソフトウェアです。

高度なプリ・ポスト処理機能を装備しており、地形画像・航空写真・DEMなどの様々な地理データを読込んで素早く地形モデルを作成し、境界条件を設定できます。また、GISと連携した3D解析モデル・結果の表示により、直感的に状況を把握しやすい大変魅力的なプレゼンテーションを作成できる点も特徴の一つです。

ウェブデータ以下の様な便利な機能を搭載しています。

  • SRH-2D:水理解析
  • GIS ツール
  • ウェブベースのデータ取得ツール
  • 流域データのインポートと編集ツール
  • 流域を自動的に描画してと水理モデルを作成
  • 標準的な水理工学モデルをほぼ全てサポート
  • ステップバイステップ方式の水理モデル作成ウィザード
  • 水理モデルと洪水ハザードマップの作成
  • 暴風雨排水モデリング
  • 2D (分布型) 水理モデル
  • FHWA 水理計算ソフトウェア
  • WMSアニメーションをGoogleTM Earthにエクスポート

水理解析

水理モデリング水理解析を実行して、洪水氾濫ハザードマップを作成できます。

  • HEC-RASモデル用のセンターラインや堤防のジオリファレンス
  • デジタルデータから断面形状を抽出
  • HEC-RASとの連携
  • 洪水領域のハザードマップの生成
  • 標高データ洪水領域の水位上昇マップを可視化してエクスポート
  • 雨水排水モデル(SWMM & HY-12)

 

 

 

 

 

2D分布型水文解析

  • Google EarthGSSHAモデルを用いた2Dグリッド水文解析
  • 分布型流出モデル
  • 降雨量データの利用
  • 長期間を設定したシミュレーション
  • 地下水と地表水の相互作用
  • 湿原流域の解析が可能

 

オンラインデータ

  • バックグラウンドイメージのストリーミング
  • 標高データのインポート
  • 全球陸域Iと土壌データのインポート
  • Google Earthをサポート

WMS 10 動作環境

OS Windows 7, Windows 8/8.1, Windows 10
※Windows RTとWindows 10 Sは対象外
RAM 4GB (8GB以上を推奨)
CPU WMSソフトウェアはCPUに大きな負荷がかかります。 WMSに統合された一部のモデルとユーティリティは、複数のプロセッサコアを同時に利用できます。 予算内で最も速いCPUをお勧めします。
グラフィック
カード
全ての表示機能を有効にするにはOpenGL 1.5以上が必須。グラフィックスカードの使用を強くお勧めします。 CPUに統合されたグラフィックス機能ではしばしば問題が発生します。
ディスプレイ
解像度
1920 x 1080 以上