生産性が向上したGAUSS 18

GAUSS 18は以前のバージョンと比較して、より効率的にデータから結果に移動することができるようになりました。GAUSS 18は、データの読み込みと処理機能が向上し、組み込みの解析ツールとグラフィックツールが拡張され、計算速度が大幅に向上しています。 最も強力な最新バージョンのGAUSSの新機能については以下の各項目をご覧ください。

GAUSS 18

データ操作性の向上

データ操作性の向上

読み込み、変換、分析が1行で可能になりました。

シンプルな数式文字列表記のサポート:

  • カテゴリ変数とダミー変数
  • データ変換 (ln、expなど)
  • StataSASのデータセット

詳細はこちら

一般化モーメント法(GMM)

一般化モーメント法(GMM)

新しいGAUSS 18 GMMプロシージャはカスタムしたユーザ指定のモーメント方程式、または1ステップ2ステップ反復やGMMの継続的な更新を使用した分析操作変数予測からパラメータを予測します。

詳細はこちら

グラフィックの向上

グラフィックの向上

モダンでプロフェッショナルなグラフ表現によりデータの特徴を捉えやすくなりました。

  • 30以上の組み込みカラーパレットとカスタムパレット
  • プログラムによるキャンバスの大きさ指定
  • 2Dプロットに追加オプション

詳細はこちら

生産性を高める新機能

生産性を高める新機能

行列と文字列の検索、再編成、マージなどの新しいツールを使用すると、データの特徴をより迅速に発見できます。

詳細はこちら

速度の向上

速度の向上

  • 連結処理が2~4倍高速化
  • ベクトル-ベクトルの場合のX'Yが15-600%高速化
  • 中規模から大規模の行列の記述統計とOLSが15-30%高速化

詳細はこちら

新しい数学関数

  • besselk :第二種の変形ベッセル関数の計算; 負の逆ガウス分布に有用
  • rndRayleigh :レイリー分布のランダム数を計算
  • gmmFit と gmmFitIV :一般化モーメント法を使用する予測で使用
  • cdfTruncNormpdfTruncNormcdfLogNormpdfLogNorm.
  • cdfnpdfnmusigma入力のオプション
  • 配列でerf、erfc、erfcinv、erfc、pdfn、power opをサポート