GAUSS™ 21 新機能と改善点

新しいデータフレームとインタラクティブなデータ管理機能を実装。
作業時間が短縮され、より便利になりました。

新機能「データフレーム」で行列データも見やすくなり作業効率が上がります

行列データを名前や指定の変数名で表示

行列データが 新機能「データフレーム」で見やすく!文字列変数、日時変数、数値変数、カテゴリ変数など変数名の表示が可能となりました

データフレームにより簡潔なコードと結果の表記

従来のバージョンでは約25行もあった表記が、GAUSS 21ではデータフレーム機能でたった1行に! 従来のバージョンでは約25行もあった表記が、GAUSS 21ではデータフレーム機能でたった1行に!

カテゴリベースケース、ラベル、順序の変更でさらに使いやすくなります

カテゴリベースケース、ラベル、順序の変更でさらに使いやすくなります カテゴリベースケース、ラベル、順序の変更でさらに使いやすくなります

名前ごとにデータを参照

// Index by variable name
auto = auto[., "mpg" "rep78"];

// Select if position is center
nba = selif(nba, nba[., "Pos"] .$== "C");

// Set base category
yarn = setBaseCat(yarn, "low","yarn_length");

任意のデータをGAUSSデータフレームで閲覧

>> print lending[1:5,.];
        int_rate             date          purpose
       12.620000       2014-12-14      credit_card
       9.4400000       2014-05-18             auto
       10.420000       2014-02-01          medical
       15.050000       2014-04-05      credit_card
       9.9300000       2014-05-17      credit_card

その他の主な特長

  • データのロード、フィルタリング機能の向上
  • グラフ処理機能の向上
  • 数値変数と他のデータ形式との組み合わせが可能
  • Stata/SAS/SPSSのデータファイルをシームレスに統合可能
  • 順序の固定
  • 推定に利用するダミー変数の自動作成
  • 標準的でない日付フォーマットにも対応
  • 30のフォーマットを自動認識
  • 任意のカスタムフォーマットを指定可能

簡単かつ高速なデータフィルタ管理機能

行列データを名前や指定の変数名で表示

行列データを名前や指定の変数名で表示。色分けも可能です

その他の主な特長

  • ワンクリックでのインポートとプレビュー表示
  • 変数の選択、変数名の変更
  • CSV, Excel, SAS, Stata, SPSSのファイル形式に対応
  • ライブプレビュー
  • 自動コード生成
  • カテゴリ管理
  • 欠損値としてインポートする値を指定

過去バージョンの新機能と改善点

 

page_top_icon