よくあるご質問

Q&Aの最終更新日 : 2018-11-07

製品について

Q: デモ版や体験版はありますか?
大変申し訳ありませんが、お客様のパソコンにインストールできる形態のデモ版や体験版はありません。弊社にお越しいただければ、最新のPDF-4+、PDF-4 Organics、PDF-2、サポートソフトを実際にお試しいただくことができます(弊社営業部までご連絡ください)。また、展示会などに出展することもあり、展示会場などで実際にお試しいただくこともできます。ただし、個別の粉末回折パターンのデータなどを提供することはできません。また、個別のデータを販売することもできません。
(Eメールでのお問い合わせは「お問合せ」ページのフォームをご利用ください。)
Q: 操作法や動作画面を詳しく見ることはできませんか?
下記の開発元(ICDD)のWebサイトから、各製品のチュートリアル(PDFファイル)をダウンロードできますThe Powder Diffraction File Tutorials
Q: WebPDF-4+の取り扱いはありますか?
取り扱っております。価格などの詳細は営業部までお問い合わせください。
Q: PDF-4 Axiomを購入した場合、毎年新しいデータが送られてくるのですか?
PDF-4 Axiomについては、ご購入時のデータを3年間ご利用いただく形式です。

ライセンス形態について

Q: PDF-4+/Organicsの複数年一括契約はできますか?
可能です。契約できる期間と価格については、営業部までお問い合わせください。複数年契約の1年あたりの価格は、1年契約の価格より割引きされます。
Q: PDF-4 Mineralの複数年一括契約はできますか?
可能です。契約できる期間と価格については、営業部までお問い合わせください。ほかの製品のような複数年割引はなく、価格的なメリットはありません。
Q: 買い取り式のライセンスはありますか?
買い取り式(使用期限に制限のない)のライセンスはありませんが、長期間の一括契約は可能です。PDF-4+/Minerals/Organicsについては最大5年(新規導入の場合6年)契約が可能です。また、PDF-4 Axiomは標準で3年間、PDF-2は5年間(60カ月)利用できます。
Q: サイトライセンスはどのような動作形態ですか?
すべてのライセンスを同じ建物内で使用する場合のみご契約いただけるライセンス形態です。シングルライセンスと同じスタンドアローン形態です。ご契約いただいたライセンス数分のPCにPDFデータベースをインストールできます。いわゆるネットワーク同時起動型のライセンスとは異なり、ネットワークサーバなどにインストールして複数のPCから利用するようなことはできません。シングルライセンスとの違いは、2ライセンス目以降の1ライセンスあたりの価格が、シングルライセンスと比べてかなりお求めやすくなっているということです。
Q: PDF-4 Mineralsにサイトライセンスはありますか?
PDF-4 Mineralsにはサイトライセンスはありません。
Q: PDF-4+とPDF-4 Organicsを同時に契約した場合、サイトライセンスの割引対象になりますか?
PDF-4+/PDF-4 Organics 2018のバージョンから、PDF-4+とPDF-4 Organicsの同時購入がサイトライセンスの適用対象に含まれるようになりました(コンボサイトライセンス)。コンボサイトライセンスでは、PDF-4 Organicsがマスターライセンス、PDF-4+が追加ライセンスとして扱われます。
Q: サイトライセンスの価格はいくらぐらいですか?
サイトライセンスは、マスターライセンス(1台目の価格)+セカンダリライセンス(2台目以降の追加ライセンスの価格)という価格体系です。マスターライセンスの価格は、通常のシングルライセンスの価格と同額ですが、例えば2台目用の新規セカンダリライセンスの価格は、2015年版実績で新規マスターライセンスの1/4~1/5程度でした。現行バージョンの価格については、営業部までお問い合わせください。
Q: サイトライセンスの「サイト」の定義を教えてください
「同じビル内」のPCへのインストールについてはサイトライセンスのセカンダリライセンスをご利用いただけます。異なる建物での利用については別途、マスターライセンスが必要になります。
Q: PDF-4だけでなく、PDF-2のサイトライセンスもありますか?
PDF-2にもサイトライセンスがありますが、開発元のICDDが年次更新を強く推奨しております。PDF-2のサイトライセンスも、シングルライセンスと同様には5年間有効ですが、更新版を購入する際の扱いがシングルライセンスと異なります。シングルライセンスの場合、最新版のPDF-2から4年前までのバージョンについては、新規より安い価格で最新版に更新することが可能です(例えば、最新版がPDF-2 2018の場合、PDF-2 2016/2015/2014/2013まで更新版を購入できます)。サイトライセンスの場合、毎年更新を行っていないと、サイトライセンスの追加ライセンスについて更新価格の適用を受けられなくなります(例えば、最新版がPDF-2 2018で、PDF-2 Release 2015から2016への更新を行っていない場合、最新版へ更新行おうとしたときに、追加ライセンス分は更新価格で購入することができません。追加ライセンス分は、新規で買い直す形になります)。
サイトライセンスを購入し、毎年データを更新していくことをお考えの場合、ご利用される検索ソフトが対応しているのであれば、PDF-2と同じ価格でデータ数が多いPDF-4+のほうがおすすめです。また、PDF-4+にはリートベルト解析などで必要となる結晶の構造データ(原子座標)も含まれます。
Q: サイトライセンスで翌年以降に契約ライセンス数を追加できますか?
年次更新をご契約いただければ、契約更新のタイミングでライセンス数を追加することができます
Q: PDF-2シングルライセンスの「更新価格」とはどういう意味ですか? 5年間使えるのではないのですか?
PDF-2シングルライセンスは、ご購入いただいたときのバージョンのデータベースを5年間ご利用いただけるという形態です。PDF-2のデータは毎年追加され、新しい年のバージョンがリリースされますが、その最新バージョンにデータベースをアップデートしたい場合に「更新価格」でアップデートができるというものです。
Q: PDF-2のサイトライセンスを契約更新しなかった場合、1年間でライセンス期限切れになりますか?
PDF-2のサイトライセンスをご購入いただいた場合、毎年年次更新をお願いしておりますが、ライセンスの更新を行わなくても5年間(60カ月)利用できます。
Q: PDF-2からPDF-4にアップグレードできますか?
ライセンス期間内のPDF-2を所有している場合、新規の価格より安くPDF-4+に変更(コンバージョン)することができます。例えば、PDF-4+ 2018へ変更することが可能なPDF-2のバージョンは2013から2016までです(2017は欠番です)。価格はバージョンにより異なります。具体的な価格については弊社営業部までお問い合わせください。お見積りには、ご利用中のPDF-2のバージョンとシリアル番号が必要になりますので、お問い合わせの際にPDF-2のバージョンとシリアル番号もご連絡ください。バージョンやシリアル番号の調べ方がわからない場合は、調べ方をご案内いたします。
Q: 国立研究開発法人、独立行政法人の研究所はアカデミック版の対象になりますか?
ICDDの製品については、国立研究開発法人、独立行政法人の研究所はアカデミック版の適用対象になりません。
Q: 学生版はありますか?
ICDDの製品については、学生版はありません。
Q: PDF-2/PDF-4製品をインストールしているPCを変更できますか?
PCの故障やOSの変更、再インストールなどにより、ライセンスを別のPCへ移転する必要がある場合、登録キーを再取得することで可能です。Webのオンライン登録では再取得できませんので、弊社テクニカルサポート、またはICDDのレジストレーション・デスク(registration@icdd.com 英語のみ)にご連絡ください。
PCの変更は1年に1回に限定され、ICDDによる承認を必要とします
Q: 以前の年度版のPDF-2を持っています。サポートソフト(DDViewやSIeve)を単体で追加購入できますか?
弊社テクニカルサポートへご相談ください。なお、PDF-2 2011以降、PDF-2データベース本体に以前のDDViewの機能が含まれるようになりました。また、PDF-2 2018以降、以前は別売りだったSIeveの機能がPDF-2に含まれるようになりました。
Q: 現在PDF-2を所有しています。PDF-4+の導入を検討していますが、価格の優遇はありますか?
PDF-2からPDF-4+へのコンバートが可能です。コンバート費用については、何年版のPDF-2から何年版のPDF-4+にコンバートするかということで異なりますので、詳細については弊社営業部までお問い合わせください。
Q: 古いPDF-2(シングルライセンス)を所有しています。最新版のPDF-2へ更新する場合、新規ライセンスより費用を抑えられますか?
シングルライセンスの場合、最新版より4つ前のバージョンまで更新版があります。
例えば、最新版がPDF-2 2019の場合、PDF-2 2018、2016、2015、2014から更新が可能です(PDF-2 2017は欠番です)。更新版には価格の優遇があります。それ以前のPDF-2 2012より古いバージョンについては更新版がなく、新規ライセンスをご購入いただく形になります。更新の費用については、何年版のPDF-2から最新版に更新するかということで異なりますので、詳細については弊社営業部までお問い合わせください。
※ サイトライセンス(複数契約のライセンス)は、基本的に毎年年次更新を行う形になりますので、2つ以上前のバージョンから更新することはできません。

インストール、ライセンス認証について

Q: DVD-ROMからPDF-4+ 2018をインストールすると、「巡回冗長検査(CRC)エラー」が表示され、うまくインストールできません
まず、PDF-4+ 2018をインストールしたフォルダにある「PLU2018.db」というファイルのサイズをご確認ください(インストール場所を変えなければ「C:\Program Files (x86)\ICDD PDF-4+ 2018\Data\PLU2018.db」にあります)。このファイルは約10GBです(正確なファイルサイズは、ライトストーンまでお問い合わせください)。ファイルサイズが本来のサイズより小さければ、インストール途中で解凍に失敗しています。その場合、一度DVDのファイルをすべてハードディスクにコピーしてから、インストールを行ってください。この際、Windowsの管理者権限を持つユーザでログインし、実行してください。

具体的には、Cドライブに「C:\DISK1」というフォルダを作成します。その後、すべてのDVDのファイルを「C:\DISK1」にコピーしてください。「C:\DISK1」にコピーされた「setup.exe」をダブルクリックして、インストールを行ってください。
なお、原因としては、インストール中にアンチウィルスソフトによりDVD-ROMの読み込みが遅くなることなどが考えられます。DVDドライブをウィルスチェックのスキャン対象から除外すれば、問題が解決する場合もあります。
Q: ICDDにメールで登録キー(Registration Key)の発行を依頼しましたが、登録キーが送られてきません
PC変更などによる2回目以降の登録キーの発行では、ICDDの担当者が手動で登録キーを作成し、メールで送信しています。発行までに営業日で2日程度かかることがありますので、しばらくお待ちください。2営業日以上待っても返信がない場合は、ユーザ側のメールサーバやメールソフトで迷惑メールとしてメールソフトの迷惑メールフォルダに振り分けられたり、削除されている場合もありますのでご確認ください。迷惑メールとしての履歴も確認できない場合は、弊社のテクニカルサポートまでご連絡ください。ICDDに状況を問い合わせます。その際に、登録キーの発行の際にICDDに送信したメールの履歴もお送りください。
Q: 以前の年度版のPDF-2とDDViewを持っています。PDF-2だけでなく、DDViewのライセンス認証も必要ですか?
PDF-2 2011以降、PDF-2データベース本体に以前のDDViewの機能が含まれるようになりましたが、それ以前のバージョンでは別売りで検索ソフトDDViewを販売していました。PDF-2本体とは別にDDViewを購入した場合、PDF-2本体のライセンス認証とは別に、DDViewのライセンス認証も必要です。
Q: ICDDから発行された登録キーをPDF-4/PDF-2に入力すると、エラーメッセージ(「Invalid registration key (code: 15)」など)が表示されます
入力した「名前」「会社名」「ライセンスキー」の情報が間違っている可能性があります。余分な空白文字や半角/全角の違いも含めて入力に間違いがないかご確認ください。入力に間違いがないにも関わらず認証ができない(エラーが表示される)場合、入力画面とエラーメッセージのスクリーンショットを弊社テクニカルサポートまでお送りください。
Q: Windows XPにPDF-4+ 2016をインストールしましたが、「… [Sybase][JDBC Driver][SQL Anywhere]Database server not found」というエラーメッセージが表示され、PDF-4+を起動できません。
データベースサーバを手動で起動することで解決できます。データベースサーバのプログラムは、「dbeng12.exe」という名前で「C:\Program Files\SQL Anywhere 12_4314\BIN32」にあります。具体的には、以下の操作を行ってください。
1. Windowsの「スタート」メニューから「ファイル名を指定して実行」を選びます。
2.「%PROGRAMFILES%\SQL Anywhere 12_4314\BIN32\dbeng12.exe」と入力します。
3.「Server startup options」という名前の設定画面が開きます。「Browse」ボタンを押して「C:\Program Files\ICDD PDF-4+ 2016\Data\PLU2016.db」を指定してください。
※インストールフォルダが異なる場合は、環境に合わせてパスを変更してください。
データベースサーバを手動で起動
4.「OK」ボタンを押します。その後、デスクトップのPDF-4+ 2016のアイコンをダブルクリックして起動してください。

データベースについて

Q: PDF-4+、PDF-4 Organicsで、検索したデータをCIFファイルの形式で出力できますか?
可能です。データを検索したあと、「Simulated Profile」ボタンをクリックして回折パターンを表示し、「Save」ボタンを押します。保存するファイル形式を選択できますので、「ファイルのタイプ」でCIF形式を選ぶことで出力できます。
Q: 検索したデータをCIFファイルの形式でエクスポートできますか?
PDF-4製品で構造情報を持つ検索結果については、CIFファイルとしてエクスポートできます。構造情報を持たないPDF-4のデータやPDF-2についてはCIFファイルとしてエクスポートすることはできません。
PDF-4の結果をCIFにエクスポート

そのほかについて

Q: 納期はどれぐらいですか?
弊社のほかの製品よりかなり時間がかかります。30日間程度いただいております(実際は2~3週間程度でお届けできることがほとんどですが、余裕をみて30日間程度いただいております)。お急ぎの場合は、弊社営業部までご相談ください
Q: 他社から購入したPDF-4やPDF-2製品を、ライトストーンで契約更新できますか?
可能です。ご注文いただくときにご登録ユーザー様の情報が必要になります。現在ご利用いただいている製品名、組織名、登録者名、シリアル番号、以前のバージョンのオーダー番号をお知らせください。わからない情報がある場合は、弊社営業部までご相談ください。
Q: ICDDが作成しているDenver X-Ray ConferenceのCD-ROM(AXA CD)や書籍は取り扱っていますか?
取り扱っております。価格などの詳細は営業部までお問い合わせください。

このほかにご不明な点がありましたら弊社サポートまでお問い合わせください。

 
Eメールでのお問い合わせは「お問合せ」ページのフォームをご利用ください。

Q&Aの最終更新日 : 2018-11-07