グラフに関する新しい特長

これまでのバージョンと同様に、EViews11でもグラフやその他アウトプット表現機能の改善が行われました。グラフに関する改善点をいくつかご紹介します。

ジオグラフィカルマップ

EViews11ではシェープファイルフォーマットの地理情報ファイルをサポートしています。シェープファイルのEViewsに取り込み、ワークファイルを結びつけることで、地図にシリーズの値を反映することができます。さらに値によってカラーマッピングをすることもできます。

Geographical map

2018年3月における、カリフォルニア州の郡ごとの降水量



パネル形式のワークファイルでも、同様にカラーマッピングを行い、標本となる期間を変更することも可能です。

Geographical map

2018年4月における、カリフォルニア州の郡ごとの降水量



Geographical map

2018年1月における、カリフォルニア州の郡ごとの降水量



Geographical map

パネル形式のジオグラフィカルマップを2017年11月-2018年12月までスクロールした例

ファンチャート

EViewsではモデルオブジェクトをVARモデルやベイズ推定などを利用したシミュレーション結果を保存する様々な機能があります。EViews11ではシミュレーションしたデータからファンチャート作成できます。

fanchart