4. プレゼンテーション機能

折れ線グラフ、棒グラフ、エリアグラフ、パイチャート、散布ダイアグラム、折れ線-棒グラフ、ハイローグラフ、散布図、ボックスプロットなど多様なグラフをサポートしています。ひとつのグラフ画面上に複数のグラフをレイアウトできます。

グラフ

EViewsは多種多様なグラフをサポートしています

折れ線、記号、色、フレーム、境界線、見出し、シェーディングなど様々なオプションを用意しています。対数軸や、左右両方の縦軸を利用するオプションもあります。凡例は自動的に作成します。グラフ上には任意のWindowsフォントを使って注釈を追加できます。

グラフの構成要素を編集したり、移動する操作はとても簡単です。グラフの縦横比、折れ線や記号、軸スケーリングとラベル、これらの編集や移動は画面上で直感的に操作して行います。凡例やテキストの変更も同様です。目的のグラフ構成要素をクリックして、ダイアログの設定を変更します。カスタマイズした内容をテンプレートとして保存することもできます。

グラフは様々な形式でエクスポートできます

グラフを他のアプリケーションで利用する場合はコピー&ペーストか、または、Windowsメタファイル、PostScript、ビットマップ、PNG、GIF、JPEG形式でエクスポートします。

グラフ

表のカスタマイズにも様々なツールが用意されています

表の作成にも様々なツールが用意されています。セルのフォントフェイス、サイズ、カラー、セル背景、枠線、結合、回転など表の作成や編集にも様々なツールが用意されています。

表のカスタマイズ

表をエクスポートできます

表を他のアプリケーションで利用する場合はコピー&ペーストか、または、RTF、HTML、 テキストファイル形式でエクスポートします。

 

前のページ:3. 効率的なデータ管理機能

次のページ:5. コマンドラインとプログラミングインタフェース