EViews9製品情報

EViews9の新機能

EViews9の新機能や機能改善については、EViews9の新機能ページをご覧ください。

EViews 9.5の新機能

EViews9のマイナーバージョンアップ版である、EViews9.5の新機能や機能改善についてはEViews9.5の新機能ページをご覧ください。

EViews9.5のシステム条件(動作環境)

OS Windows 10, 8(8.1), 7, Vista, XP
Windows Server 2012, 2008, 2003*

*Windows Server 2003のみ32bitのみ対応。その他OSはすべて32bitと64bitの両方に対応。
CPU Pentium以上
メモリー 512 MB Windows 10, 8(8.1), 7, Vista, Server 2012, 2008
256 MB Windows XP
64 MB Windows Server 2003
ディスク容量 300MB (プログラム、サポートファイル、マニュアル(PDF)、サンプルファイル)
ハードウェア CD-ROMドライブ
注意事項

※同時起動版以外のEViewsは仮想環境下では一切動作しません。同時起動版につきましては、こちらをご確認ください。

※Macで利用したい場合の情報をこちらにまとめました。Macユーザの方は是非ご一読いただき、ご不明点などございましたらお気軽にお問い合わせください。

処理可能なデータ数

1シリーズ当たりの観測数
(32bit版EViews9.5)
400万個(デフォルト)、メモリ容量の上限にもよりますが最大1500万個まで増やせます。
1シリーズ当たりの観測数
(64bit版EViews9.5)
1億2000万個
観測数の総量:(シリーズ数にシリーズ中のデータ数を掛けたもの) RAMに依存します。
ワークファイル中のオブジェクト数 RAMに依存します。
データベース当たりのオブジェクト数 最大オブジェクト数は、1000万オブジェクトまたは64GBまたは利用できるディスク・スペースが上限です。

ライセンス認証(インストール可能な台数)

お一人の方がご利用する場合は1ライセンスで自宅、職場、持ち運び用のノートPCの計3台にインストールすることができます。

複数人で共用するPCの場合は1台までのインストールとなっております。

page_top_icon