Grapher スタートガイド

ユーザインターフェース

Grapherには、プロットウィンドウ、ワークシートウィンドウ、Excelワークシートウィンドウ、グリッドウィンドウの4種類のドキュメントウィンドウがあります。

  • プロットウィンドウ:グラフ、マップを表示、編集
  • ワークシートウィンドウ:表形式データファイルの表示、編集、変換、保存
  • Excelワークシートウィンドウ:ネイティブなExcelワークブックを開く
  • グリッドウィンドウ:グリッドファイルを表示

プロットウィンドウに左側に、Object ManagerおよびProperty Managerがあり、右側にWorksheet Managerがあります。

Object Manager

Object Managerには、プロットウィンドウ内のオブジェクトが階層のあるリストとして表示されます。ここでオブジェクトを選択して、編集、再命名できます。

Property Manager

Property Managerは、選択されたオブジェクトのプロパティをリストします。複数のオブジェクトを選択して一括でプロパティを編集できます。

Worksheet Manager

Worksheet Managerには、Grapherにロードされた全データが含まれます。Worksheet Managerでデータを編集した内容は自動的にグラフに反映されます。右クリックして保存、編集、変換、ソート、セルでの統計生成が可能です。プロットが最初に作成されたとき、または、GRFファイルから開いたものであるときは、データファイルの内容がWorksheet Managerに表示されます。GPJファイルを開いたときは、埋め込まれたデータがWorksheet Managerに開きます。

グラフ作成

Grapherでのグラフ作成は、グラフウィザード(Graph Wizard)で行う方法、Homeタブコマンドで行う方法、ワークシートやテンプレートから行う方法があります。

グラフウィザードを使ったグラフ作成

グラフウィザードは、データの選択、グラフ種類などをステップごとに設定しながら簡単にグラフを作成できます。グラフウィザードでは、軸、凡例、タイトルなどのアイテムを追加することもできます。

  1. Home | New Graph | Wizard をクリックします。
  2. Graph Wizard - Select Dataダイアログで、Select Fileリストからグラフに使用するデータファイルを選択します。するとData Previewセクションにデータファイルのプレビューが表示されます。
  3. Nextボタンをクリックします。
  4. Graph Wizard - Select Plot Typeダイアログで、作成したいグラフの種類を選択します。 Categoryリストで利用できるPlot typesをフィルタリングしたり、Searchバーで検索することができます。
  5. グラフの種類を選択したら、作成したいプロットの数と、関連するデータ列をData Columnsで定義します。
  6. Nextボタンをクリックします。
  7. Graph Wizard - Propertiesダイアログで、表示したいグラフの要素を選択します。複数プロットを含むグラフの場合、カラーパレットを選択することもできます。
  8. Finishボタンをクリックするとグラフが作成されます。

プロットウィンドウでグラフ作成

  1. Homeタブをクリックして開きます。
  2. New GraphグループでBasic、Bar、Polar、Ternary、Specialty、Statistical、Contour Surfaceプロットカテゴリーをクリックします。
  3. 作成したいグラフの種類をクリックします。
  4. Open Worksheetダイアログでデータファイルを選択して、Openをクリックします。等高線グリッドマップやサーフェスグリッドマップを作成する場合、グリッドファイル(.GRDファイル)を求められます。関数グラフを作成する場合は、データやグリッドファイルを求められることはありません。

ワークシートウィンドウからグラフ作成

  1. 以下の操作の何れかによりワークシートを開きます。
    • File | Openコマンドをクリックしてデータを選択し、Openダイアログでデータファイルを選択してOpenボタンをクリックします。
    • クイックアクセスツールバーのNew Worksheetボタンをクリックします。
    • プロットウィンドウのプロットを選択してGraph Tools | Worksheet | Displayコマンドをクリックします。
    • プロットウィンドウで、View | Display | Worksheet Managerコマンドを使用して既にプログラムにロードされているデータファイルを表示します。
  2. 作図に使用する列を選択します。
  3. Homeタブをクリックします。Worksheet Managerを使用している場合、ワークシートで右クリックしたコンテキストメニューからHome | New Graphを選択します。
  4. New GraphグループでBasic、Bar、Polar、Ternary、Specialty、Statistical、Contour Surfaceプロットカテゴリーをクリックします。
  5. 作成したいグラフの種類を選択すると、デフォルトの設定のグラフが作成されます。

テンプレートを使ったグラフ作成

テンプレートはGrapherでのグラフの設定情報を保存したファイルで、別のデータから同じ形式のグラフを作成する際に使用します。

  1. File | New | Plot from Templateコマンドをクリックします。
  2. Openダイアログで.GRTテンプレートファイルを選択してOpenをクリックします。
  3. 使用するデータファイルを選択します。テンプレート中の全プロットが同じワークシートを使用する場合、Use this worksheet for remaining itemsオプションを選択します。
  4. グラフ内の個別プロットで列指定を変更する場合には、Set columnsにチェックします。
  5. Openボタンをクリックすると新しいプロットが作成されます。

テンプレートファイル(.GRT)の保存

  1. グラフを作成し、プロットの色や軸プロパティなどを必要に応じて編集します。
  2. File | Save Asコマンドをクリックします。
  3. 「名前を付けて保存」ダイアログで保存先とファイル名を指定します。
  4. 「ファイルの種類」をPlot Template (*.grt)に設定します。
  5. Saveボタンをクリックするとテンプレートファイル(.GRT)が保存されます。

サンプルファイル

Grapherには、いくつかのサンプルファイルが用意されており、Grapherで作成できるグラフについて素早く確認できます。サンプルファイルを開くには、以下のように操作します。

  1. Grapherを起動します。
  2. Welcome to GrapherダイアログのFilesの項目のドロップダウンからSample Filesを選択します。
  3. Sample Filesリストからサンプルファイルを選択します。
  4. Openボタンをクリックするとサンプルファイルが表示されます。

 

page_top_icon