MAXQDA - 機能比較

MAXQDAの各エディションの機能比較表です。がある項目はその機能を搭載し、は一部機能を搭載しています。

各エディションの機能違いをご確認いただき、それぞれの分析プロジェクトに最適なツールをお選びください。また、MAXQDAを他の質的データ分析ソフトウェアとも比較してみてください。

すべてのMAXQDA機能の詳細についてはMAXQDAの英語マニュアル(開発元のページへ)をご確認ください。

 
MAXQDA
Standard
MAXQDA
Plus
MAXQDA
Analytics Pro
テキストとPDF文書

一般的なファイル形式(.txt, .rtf, .doc/x, .odt)のテキスト文書のインポート。テキスト文書はインポート後にMAXQDA内で編集可能。PDFファイルはそのままの形式でインポート。

     
フォーカスグループ

フォーカスグループのトランスクリプトのインポート。自動話者認識&話者ベースの分析ツールでの複数話者テキストのインポート。

     
マルチメディア

一般的な形式のメディアファイルのインポート。メディアファイルの直接分析。メディアの手動での文字起こし。MAXQDAメディアプレーヤーで波形を表示し、0.1秒単位で分析。

オーディオ Windows: MP3, WAV, WMA, AAC, M4A
オーディオ Mac: MP3, WAV, AAC, CAF, M4A
ビデオ Windows/Mac: MP4, MOV, MPG, AVI, M4V, 3GP, 3GGP
ビデオ Windowsのみ: WMV

     
サーベイデータ

Excelファイルのサーベイデータをインポートして自動的に簡易コーディング。SPSSデータセット(.sav)のインポート。

     
スプレッドシート

表文書(.xls/.xlsx)のインポート。一般的な表編集機能を搭載した表表示: アルファベット順序ソート、列の非表示、セル内のテキストの編集/入力。

     
ソーシャルメディア

Twitterからツイートを直接インポート。ツイート、著者、#ハッシュタグ、言語、地域などの詳細な検索。#ハッシュタグと@著者によるツイートの自動コーディング。新しい対話型のテーブルでツイートをフィルタリングし、統計的に分析。

     
画像

写真や画像(png, jpg, gif, tif)のインポート。画像は回転と拡大縮小が可能。

     
「Web Collector for MAXQDA」からのWebページ

無料のブラウザ拡張機能「Web Collector for MAXQDA」 (Google Chrome)で収集したWebページのインポート。

     
図書目録データ

記事や図書などについてのメタ情報をEndnote/Citavi/Zoteroなどの図書目録ソフトウェアからRIS形式でインポート。

     
MAXAppプロジェクト

スマートフォンやタブレットで無償のフィールドリサーチアプリである"MAXApp" (iOS / Android)を使用して作成したプロジェクトのインポート。

     
テキスト文書の事前構造化

1つの文書からテキストデータをインポートし、自動的にコーディングして複数の事例に分割。

     
MAXQDA内でデータの作成

メモや抜粋などを書き留めるための、MAXQDAで情報を直接入力する新規テキストと表の作成。

     
文書の整理

ユーザ定義フォルダで文書をグループ化。文書が内部にリンクされている文書セットで文書の追加グループを作成。

     
コードの整理

最大10段階の階層的な順序でコードのグループ化。コードが内部にリンクされているコードセットで階層化されていないコードのグループを作成。マップビューでコードシステムの整理。

     
プロジェクトの自動バックアップ

ユーザが指定した間隔でプロジェクトを自動的にバックアップ。

     
外部ファイル

大きなファイルはプロジェクトにリンクされた外部文書として取り込まれます。1つのzipフォルダにすべての外部文書をまとめて他のコンピュータに移動。

     
ドラッグ&ドロップ

コーディング、コードと文書の整理、メモの位置調整など、様々な機能をドラッグ&ドロップで簡単に行えます。

     
調整可能なスクリーンレイアウト

調査、コーディング、文献レビューを効率的に表示できるように調整可能なスクリーンレイアウト。複数の文書をタブや2つ目のウィンドウで開いて左右に並べて比較可能。

     
プロジェクトの匿名化

プロジェクトのコピーをエクスポートすると、その中の節を選択されたコードで自動的に匿名化。

     
音声とビデオの文字起こし

速度調整、巻き戻し操作、メディアをトランスクリプトにリンクさせる自動タイムスタンプ。キーボードショートカットを設定して頻繁に使用するテキストセグメントを挿入。話者の描写で新しい段落を開始するオプション。

     
フットペダルのサポート

フットペダルを使用して文字起こしの速度を向上。

     
タイムスタンプ付きのトランスクリプトのインポート

サポートされているタイムスタンプフォーマットを使用している他のソフトウェアからトランスクリプトのインポートの終了時にタイムスタンプを認識。

     
コーディング

幅広い種類のコーディングのオプション: 全てのデータ形式におけるドラッグ&ドロップによるコーディング。セグメントを基にしたコード名作成(内部コード化)。色・顔文字コードによるコーディング。最も使用するコードにキーボードショートカットを割り当て。

     
コード管理

ドラッグ&ドロップによる整頓・編集。特定のコードをブックマーク・グループ化。コード付セグメントの重み付けとコメントの付加。

     
メモ

メモの作成と文書、コード、データセグメントへの添付。自由メモの作成。11種類のメモマークと独自に作成できるメモラベル。概要の表でのメモの検索とフィルタ。メモのエクスポート、文書化。

     
テキスト検索

文書やメモでの複数単語検索。AND/OR/NOT検索演算子で関連のある単語の組み合わせを検索。

     
コード付きデータ検索

幅広い柔軟性と管理が可能なアクティブ化による結果の即時呼び出し。常に元データにリンクされている結果のインタラクティブな表示。アクティブ化・変数・色・重み・著者などのフィルタの結果。コード付セグメント用の複雑なコーディングクエリ。内部に1つ以上のコードがある場合に、重なりを含む検索オプション。

     
変数での分類

人口統計学や他の標準化データを使用している事例のグループを作成し調査。

     
リンク

プロジェクト内のテキストセグメントや画像セグメントをそれぞれにリンク。ウェブページ・Google Earth™ / Maps™の地理情報のような外部ソースへのリンク。

     
ログブック

調査プロジェクトと分析の重要な手順をログブックに記録。

     
フォーカスグループ分析

複数話者の遂語録のインポートでの自動話者検知。フォーカスグループの逐語録を文書全体または話者による質問として分析。各話者毎の人口統計データや他の標準化情報の追加。いくつかの視覚化と混合法のツールで話者に基づく分析が可能。

     
パラフレーズ(意訳)

テキストセグメントのパラフレーズを元のテキストのすぐ隣に表示。インタラクティブな表にパラフレーズを表示し、カテゴリシステムを構築するために使用。

     
要約

コード付きデータを自分の言葉で要約。ユーザ定義にテーブル表示で要約を表示。

     
クリエイティブ・コーディング

白紙のキャンバスにコードを視覚的に配置して構造化し、最終的に構造をMAXQDAのコードシステムに変換。

     
自動コーディング

テキスト検索または新しいコードでのコード付データの検索の結果の自動コード化。

     
コードシステムの管理

1つのコードから他のコードへサブコードをコピー&ペースト。マップでコードシステムを視覚的に作成または再構成。コードシステムを他のプロジェクトへエクスポート。スプレッドシートからコードシステム(コード定義を一緒)をインポート。

     
グループの比較

文書外観表示にコード付セグメントやコードの頻度を表示。

     
サーベイデータの分類化

オープンエンド型の質問の回答を対話形式で分類し、コード化する。

     
混合法データ適合性

Microsoft ExcelやSPSSのサーベイデータをインポート・エクスポート。標準化されたデータと制限のないコメントの自動検出。標準化されたデータは変数に変換され、制限のないコメントは質問文で自動的にコード化可能。

     
クロス表

コードの頻度と割合をユーザ定義のグループ全体で比較。インタラクティブな結果表示。

     
マトリックスの引用

ユーザ定義グループ全体のコード付セグメントの内容を比較。

     
文書の類似分析

質的と量的情報の両方を見たり、コード・コードの頻度・標準化情報を基にどの文書が最も似ているかを分析することでデータの相違と類似を比較し探索。

     
トポロジテーブル

コーディング作業に基づいたグループの統計情報(頻度、平均、標準偏差)を比較。

     
コード構成

無制限の数のコード、または最大6つのコードとそのサブコードに対するコードの組み合わせの出現を調べます。 結果はインタラクティブな表にリストされ、図に変換することができます。

     
コード網羅率

選択したコードでデータがどの程度コード付になっているか表示。

     
ディスプレイのジョイント

質的と量的両方のデータと結果をあらかじめ用意されているディスプレイのジョイントで、混合法の文献に記載されている形式で視覚化。

     
コードの視覚化

文書の隣にコードストライプを無制限に表示/非表示。文書内のコード付セグメントをコードの色でハイライト選択。選択可能なコードの色は100万色以上。

     
メモの視覚化

11種類のメモタイプアイコンから1種類を選んでメモのタイプを視覚化。メモアイコンはテキストの余白、コードシステム、文書システムに表示。マウスオーバーでメモのプレビューを表示。

     
対話式のシステム

プロジェクトのデータと接続されている視覚化の結果要素。視覚化された要素をダブルクリックしてソースデータを表示。

     
MAXMaps

マップの表示でデータの視覚化と探索。プロジェクトデータ(文書、コード、メモ、コード付セグメント)を外部データ(画像、リンク、ジオリファレンス)と同様にマップに追加。自由オブジェクトとテキストフィールドを追加。オブジェクトを自由に配置・グループ化・ラベル付き矢印によるリンク付けが可能。

     
MAXMap - モデル

事前定義モデルでコンセプトマップを自動的に作成。
単一事例モデル: メモ、コード、コード付セグメントで文書、文書のグループやフォーカスグループの文書を視覚化。
コード階層を持つ単一コードモデル:メモやコードを階層順に並べて文書や文書のグループを視覚化。
二事例モデル:2つの文書を両方にあるコードもしくは片方にしかないコードで視覚化。
単一コードモデル: メモとコード付セグメントでコードを視覚化。
コード理論モデル: リンクされたメモで1つまたは複数のコードを視覚化。
コード・サブコード・セグメントモデル: サブコードとコード付セグメントでコードを視覚化。
階層コード・サブコードモデル: コードとそのサブコードを階層順に視覚化。
コード交差モデル: コードの重なりを視覚化。

     
文書間比較チャート

複数のテキスト文書のコードパターンの段落毎の比較を視覚化。

     
コードの頻度

コードマトリックス・ブラウザ: 各コードでコード付きセグメントの数を文書毎、文書グループ毎、フォーカスグループの参加者毎に視覚化。ウェイトフィルターとアクティブにしているかどうかで表示を制御。表示を四角・丸・頻度・パーセントに切り替え。

     
コードの共起

コード間関係ブラウザ: 1つの文書か文書グループでのコードの交差か近辺を視覚化。アクティブにしているかどうかで表示を制御。表示を四角・丸・頻度・パーセントに切り替え。

     
コードのタイムライン

コードライン: 段落毎(テキスト文書)、ページ毎(PDF文書)、時間/秒毎(メディアファイル)に1つの文書でのコードの発生を視覚化。アクティブにしているかどうかで表示を制御。コードシステムレベルやウェイトフィルターで表示の制御。

     
文書概観表示

色で1つの文書内のコード付セグメントのコード表示を視覚化。コードの色または頻度でソート。アクティブにしているかどうかで表示を制御。

     
ワードクラウド

1つの文書か1つの文書グループでの頻出単語のワードクラウドの表示を作成。除外リストに単語を加えることによる表示の制御。

     
チャート&ダイアグラム

コート頻度や属性値の棒グラフと円グラフの作成。グラフの表示項目や色の編集。

     
プロジェクトの統合

複数のプロジェクトを1つのプロジェクトファイルに統合。

     
プロジェクトベースの移行

特定のプロジェクトベースを1つのプロジェクトファイルから他へ移行。例:1人が文書に適用したコードをチームメンバーのプロジェクトファイル内の同じ文書に移行。

     
コード化上の合意事項

異なるメンバーが同じデータにコード化した場合の分析と議論。コードの発生・頻度・場所に基づくコード化上の合意事項の算出。カッパ係数の算出。

     
ユーザー管理

望まぬデータ更新からデータを保護するための、チームメンバーの役割と権限(例: 管理者, プロジェクトマネージャ, コーディングアシスタント)の割り当て。プロジェクトファイルのパスワード保護。

     
スマートパブリッシャー

プロフェッショナルで編集可能なコードデータの印刷可能なレポートの作成。高度なフィルタ、ソート、オプションのフォーマット。画像も表示可能で1ページ目に所属組織のロゴを載せるといったことも可能。

     
概要の表

コーディングされたセグメント、メモ、コード、リンク、サマリーの概要をエクスポート。

     
コードブック

レポートにカテゴリシステムを記載するためのコード定義と一緒にコードのコードシステムをエクスポート。

     
プロジェクト情報のエクスポート

プロジェクトのメモやプロジェクト情報の標準化の自動更新リストを含むプロジェクトデータの概要の表示。

     
MAXQDA Readerの対応

作成したプロジェクトは無償のMAXQDA Readerソフトウェアで開いて閲覧可能。

     
オンラインのコンテンツ

完全なマニュアルはオンラインで英語・ドイツ語のPDFとして入手可能。詳細なオンラインチュートリアル。様々な機能のビデオチュートリアル。新規ユーザ向けのクイックスタートガイド。

     
内容が充実したヘルプ

全てのダイアログウィンドウにあるヘルプボタンで直接オンラインヘルプの関連した項目を表示。

     
全世界のトレーナーネットワーク

国際的なMAXQDAのプロフェッショナルのトレーナーを開発元のWebで紹介しています。ワークショップやコンサルタントを希望の方はそちらをご覧ください。
※現在、ライトストーンではトレーニングとコンサルタントは提供しておりません。ご了承ください。

     
無償サポート

最新版とその1つ前のバージョンのすべてユーザは無償のオンラインサポートを受けられます。
日本語でのサポートを希望の場合はライトストーンのテクニカルサポートへお問い合わせください。

     
ユーザフォーラム

MAXQDA user forumは技術的質問やベストプラクティスを議論できるアクティブなユーザコミュニティです。

     
インターフェースの言語

ユーザインターフェースは15種類の言語に対応: 日本語, 英語, ドイツ語, スペイン語, フランス語, イタリア語, 簡体字中国語, 繁体字中国語, ポルトガル語, ブラジルポルトガル語, ロシア語, トルコ語, タイ語, ポーランド語, チェコ語

     
データの言語

日本語・中国語・韓国語などの2バイト文字を含む様々な言語の分析データ(ユニコードをサポート)に対応。左横書きと右横書きの言語をサポート。

※「単語の頻度」機能など単語を抽出する機能については、英語などのスペースで単語を区切る言語と、日本語(言語オプションで日本語を指定)に対応しています。

     
単語と単語の組み合わせの頻度

選択したテキストやテキストのセグメントの単語の頻度をリスト化。結果のインタラクティブな表示。ストップ&ゴーリストを使用して単語を除外・内包。

※「単語の頻度」機能など単語を抽出する機能については、英語などのスペースで単語を区切る言語と、日本語(言語オプションで日本語を指定)に対応しています。

     
インタラクティブな単語ツリー

単語の組み合わせの頻度をインタラクティブにツリー構造で視覚化。単一の単語または単語の組み合わせにつながるテキストを分析します。

     
コンテキスト内のキーワード:KWIC (KeyWord In Context)

キーワードを検索し前後のコンテキストを含む検索結果を表示。

     
辞書に基づく分析

辞書とクエリを作成し編集。辞書のエントリを自動的にコード化。テキストまたは定期ストグループよる辞書のエントリの頻度の分析。

     
カテゴリ行列ブラウザ

辞書の単語カテゴリの頻度を、文書、文書グループまたはセットで表にして視覚化。

     
検索文字列

テキスト検索結果の検索文字列; 言葉の異なる形態(feel, feels, feelingのような)は一緒にグループ化可能。以下の言語で利用可能: 英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、スペイン語、ブルガリア語、カタロニア語、チェコ語、エストニア語、ハンガリー語、ポーランド語、スウェーデン語、ウクライナ語

     
MAXQDAデータの統計分析

文書の変数(例:人口統計データ)とコーディング作業の結果を"Stats"モジュールに渡して統計分析を行います。変数ラベル・値ラベル・欠損値の定義。統計分析の結果を使用して、さらに質的データ分析のためにMAXQDAのプロジェクトのデータをグループ化します。

     
外部データセットの統計分析

SPSSやExcelからの外部データセットを開いて分析。. 変数ラベル・値ラベル・欠損値の定義。ファイルとしてデータを保存。

     
統計的手続き

完全な範囲の記述統計と推計統計。度数分布表・平均・中央値・標準偏差・平均誤差・信頼区間などの計算。クロス表の分析: カイ二乗とクラメールのV。相関: ピアソンの相関係数r、スピアマンの順位相関係数ρ(ロー)。 分散分析とスケールの信頼性分析。

     
インタラクティブな結果表示

自動再計算で表の行と列を統合し削除。結果の表示をソートし再配置。変更を無制限の元に戻す(アンドゥ)。

     
変換&再コード

新しい変数を計算。変数を同じまたは新しい変数に再コード。複数の変数を一度で再コード。

     
エクスポート&レポート

整理された出力ビューアで結果を表示。クリップボードに結果をコピーしてWordなどのレポートプログラムで使用。 SPSSや他の統計パッケージへエクスポート。