MAXQDAの概要

MAXQDAでデータ分析

MAXQDAは世界中で多くの人々に使用されている、質的データを分析するプロフェッショナルソフトウェアです。

1989年のリリース以来、長期にわたり研究者に対して強力で革新的かつ、簡単に使用できる分析機能を提供しています。

インターフェース

MAXQDAのメイン画面は、4つのウィンドウに分かれています。

Document System

文書システム

インポートしたデータ(文書)の一覧が表示されます。ファイルをフォルダに入れる感覚でデータを整理することができます。

コードシステム

作成したコードが一覧表示されます。コードを作成・削除したり、階層構造を作ったり、複数のコードをまとめたりすることができます。

文書ブラウザ

インポートした文書の内容が表示されます。このウィンドウでコーディング作業を行います。テキストを編集することもできます。

検索済みセグメント

文書システムとコードシステムでアクティブ化したデータや、検索したデータが表示されます。

幅広いデータを集めて整理する

WordやPDFファイルなどの一般的なファイルはもちろん、画像・音声・動画などのメディアファイル、ウェブページ、スプレッドシート、フォーカスグループ、オンラインアンケート、ウェブページ、RISデータ、TwitterデータやYouTubeのコメントなど、様々な形式のデータを簡単にインポートできます。

 

インポートしたデータは、カテゴリー分けをしたり関連するデータにリンクを付けたりして整理し、素早く検索することができます。

コーディングとカテゴリ分け

収集したデータを分析者がコーディングするためのツールが揃っています。重要な情報は色を変えたり、シンボルや顔文字を使って強調したりすることができます。

検索ツールを使った自動コーディングオプションやグラウンデッド・セオリー・アプローチのために開発されたオープンコーディングモードを合わせて使用すると、より便利になります。

コードをカテゴリ分けしてソートしたり複数のコードをひとつのコードに統合したりすることで、簡単にデータを分類・整理できます。

メモ

良いアイデアはデータを読解したりコーディングしていたりしている時に思い浮かぶことがよくあります。メモはそのアイデアを記録しておくのに最適な場所です。

11種類のアイコンを選択してメモをマークすることができます。メモマネージャー機能と語彙検索機能により、いつでもすべてのメモに即座にアクセスできます。すべてのメモを一覧表示し、ソートやグループ分けをして整理することもできます。

検索

文書、メモ、または現在の検索結果内も含めてプロジェクト全体を検索できます。検索演算子を仕様して、様々な検索条件を設定することができます。

検索対象となる文書とコードをアクティブ化するだけで、コードの付与されたセグメントが一覧形式で表示されます

メディアの分析と文字起こし

MAXQDAは音声・動画ファイルを文字起こしせずに直接コーディングすることができます。

また、メディアの文字起こしを手動で行うための機能も搭載されています。文字起こしの機能では、音声と動画ファイルの速度と音量が変更でき、フットペダルを使用することで効率よく文字起こしができるようになっています。

混合法のエキスパート

質的分析の結果を定量化した結果や、統計頻度の計算結果を質的なデータに結びつけることができます。

理論の検証とデータの視覚化

自動または手動でデータの視覚化を行えます。データを今までとは異なる視点で見る事で、試行錯誤や理論の検証を行えます。

分析結果は画像ファイルとしてエクスポートできるので、プレゼンテーションや論文発表に役立ちます。

エクスポート

プロジェクトファイルの一部あるいは全体を複数のファイル形式(Excel、Word、画像、XML等)でエクスポートできます。

クリックで簡単にデータをアーカイブすることもできます。

多言語対応

MAXQDAはすべての機能がUnicode対応のソフトウェアです。あらゆる言語の文書をインポートして分析可能で、あらゆる言語でコード、メモ、変数、文書名などを作成することができます。

インターフェースは14の言語に切り替え可能です。

page_top_icon