パネルデータ/縦断的データ

線形固定/変量効果モデル

  • パネルレベルの効果と i.i.d. 誤差を含む線形モデル
  • パネルレベルの効果と AR(1) 誤差を含む線形モデル
  • GLS, ML 推定法
  • ロバスト、クラスタロバスト標準誤差
  • 多重代入

変量効果回帰 - 2値/順序/カウント型従属変数

  • ロジスティック
  • プロビット
  • cloglog
  • 順序ロジスティック
  • 順序プロビット
  • 多項ロジスティック
  • 区間回帰
  • トービット
  • ポアソン回帰(正規変量効果) Updated
  • ポアソン回帰(ガンマ変量効果)
  • 負の二項回帰

条件付き固定効果回帰 - 2値/順序/カウント型従属変数

  • ロジット回帰
  • ポアソン回帰
  • 負の二項回帰

変量効果パラメトリック生存モデル New

  • ワイブル、指数、対数正規、対数ロジスティック、ガンマモデル
  • ロバスト、クラスタロバスト標準誤差

2段階最小 2 乗法によるパネルデータ推定法

  • Between-2SLS 推定法
  • Within-2SLS 推定法
  • Balestra–Varadharajan–Krishnakumar G2SLS 推定法
  • Baltagi EC2SLS 推定法
  • バランスパネルデータ、または外生的バランスパネルデータでの推定
  • ロバスト、クラスタロバスト標準誤差

マルチレベル混合効果モデル Updated

個体レベル効果と相関のある回帰変数

  • Hausman–Taylor 操作変数推定法
  • Amemiya–MaCurdy 操作変数推定法
  • ロバスト、クラスタロバスト標準誤差 New

線形横断的モデルに対するパネル修正標準誤差(PCSE)

Swamy ランダム係数回帰

確率的フロンティアモデル

  • 時間不変モデル
  • 時間変動型崩壊モデル
  • 時間効果の Battese–Coelli パラメータ化
  • 技術効率性/非効率性の推定

特定化検定

  • Hausman 特定化検定
  • 変量効果のための Breusch–Pagan ラグランジュ乗数法検定

パネルデータ単位根検定

  • Im–Pesaran–Shin
  • Levin–Lin–Chu
  • Hadri
  • Breitung
  • Fisher-type
  • Harris–Tzavalis

要約統計量と分割表

  • Within データ/Between データの統計量
  • パネルの欠損値パターン

パネルデータの折れ線グラフ

  • パネル別グラフ
  • オーバレイパネル

一般化線形モデル (GLM) の GEE 推定

  • 6 種類の分布族
  • 9 種類のリンク
  • 7 種類の相関構造
  • 特定モデル:
    • パネル相関構造を持ったプロビットモデル
    • パネル相関構造を持ったポアソンモデル

線形動的パネルデータ推定法

  • Arellano–Bond 推定法
  • Arellano–Bover/Blundell–Bond システム
  • 開/閉/埋設ギャップ
  • 系列相関のある擾乱
  • 操作変数リストの制御
  • 先決変数
  • 自己相関と過剰制約に関する検定

Population-averaged 回帰

  • cloglog 回帰
  • ロジット回帰
  • 負の二項回帰
  • ポアソン回帰
  • プロビット回帰
  • 線形モデル回帰

推定後セレクタ New

  • 使用可能な推定後機能の一覧
  • コマンド実行ごとの一覧の自動更新

因子変数

  • カテゴリ変数からの指標変数自動生成
  • 離散変数または連続変数間の交互作用作成
  • 多項式項の内包
  • カテゴリ/水準間の対比(コントラスト)

限界分析

  • 推定周辺平均
  • 限界効果、偏微効果
  • 平均限界効果、平均偏微効果
  • 最小二乗平均
  • 予測マージン
  • 調整後の予測平均、効果
  • 複数のアウトカムの一括作業 New
  • マージンの対比(コントラスト)
  • マージンのペアワイズ比較
  • プロファイルプロット
  • マージン、限界効果グラフ

詳細資料


※詳細は、開発元StataCorp.のホームページにある対応マニュアルページでご覧になれます。
こちらから移動できます

Stata is a registered trademark of StataCorp LLC, College Station, TX, USA, and the Stata logo is used with the permission of StataCorp.

page_top_icon