対応OS ※64bitのみ

Stataの種類 OSのバージョン
Stata for Windows
  • Windows 10 (64bit)
  • Windows 8.1 (64bit)
  • Windows 7 (64bit)
    ※Microsoft社のサポート終了
※Intel® 製またはAMD製のx86-64プロセッサ用の64bitのWindowsのみ対応
※Windows RTとWindows 10 Sは対象外
Stata for Mac macOS 10.11 以上
Stata for Linux Linux(64bit)
※1000 色以上(16bit または 24bit カラーなど)出力ができるビデオカード必須
※xstataにはGTK 2.24のインストールが必要

1つのシリアル番号で上記すべてのOSをご利用いただけます

最小メモリ・ディスク容量

種類 メモリ ディスク容量
Stata/MP 4 GB RAM 1 GB
Stata/SE 2 GB RAM 1 GB
Stata/IC 1 GB RAM 1 GB

Stataをインストールするために1 GBのディスク容量が必要です。
最小メモリはStataの種類によって異なります。

同時起動ライセンスの運用方法について

ご利用環境により下記2通りの運用方法からご選択いただけます。シリアル番号1つで最小2ユーザからの契約が可能です。
※Stata側で同時起動数の技術的な管理は行いません。ご契約のライセンス数を超えないよう、ご購入者様の管理のもと運用をお願いいたします。

1. 各PCにスタンドアローンインストールしての運用

icon

  • 各PCにStataをインストールして使用します。特別な環境は必要ありません。

2. サーバPC & クライアントPC環境によるネットワーク運用

icon

  • サーバPCにStataをインストールし、クライアントPCにサーバ上のStataの実行ファイルへのショートカットを作成して使用します。
  • 計算処理にはクライアントマシンのリソース(CPU、メモリ等)が使用されます。サーバのリソースを使用するためにはシンクライアント環境が必要です。
  • サーバPCとクライアントPCのOSは同じ系列である必要があります。
    例:サーバPCがWindowsの場合、クライアントPCもWindowsである必要があります。

サーバPCの動作環境

対応OS ※64bitのみ
Stataの種類 OSのバージョン
Stata for Windows
  • Windows 10 (64bit)
  • Windows 8.1 (64bit)
  • Windows 7 (64bit)
    ※Microsoft社のサポート終了

  • Windows Server 2019 / 2016 / 2012 / 2008 R2
    ※Windows Server 2008 R2はMicrosoft社のサポート終了
※Intel® 製またはAMD製のx86-64プロセッサ用の64bitのWindowsのみ対応
※Windows RTとWindows 10 Sは対象外
Stata for Mac macOS 10.11 以上
Stata for Linux Linux(64bit)
※1000 色以上(16bit または 24bit カラーなど)出力ができるビデオカード必須
※xstataにはGTK 2.24のインストールが必要
最小メモリ・ディスク容量
種類 メモリ ディスク容量
Stata/MP 4 GB RAM 1 GB
Stata/SE 2 GB RAM 1 GB
Stata/IC 1 GB RAM 1 GB

Stataをインストールするために1 GBのディスク容量が必要です。
最小メモリはStataの種類によって異なります。

プラットフォーム互換性

  • Stataのデータセット、プログラム、及びその他のデータはWindows, Mac, Linuxのプラットフォーム間で共用することができます。変換は必要ありません。
  • SASやSPSSなどの他の統計パッケージ、スプレッドシート、データベースからデータセットをインポートする機能も用意されています。

クラウドでの利用

Stataは一般的によく利用されているクラウドプラットフォームのAmazon Web Services、Microsoft Azureなどで使用可能です。WindowsおよびLinuxのどちらのOSにも対応しています。

よくあるご質問

Stataをクラウド上の仮想マシンで使用する場合、どのライセンスを購入すればよいですか?

Stataはご利用のコンピュータ環境(通常のマシン、クラウド上の仮想マシン、オンプレミス(社内構築)のサーバ、オンプレミスの仮想マシン等)を区別しません。どの種類のライセンスでもクラウド上の仮想マシンでご利用いただけます。

クラウド上の1台の仮想マシンに複数のユーザが同時にアクセスしてStataを使用する場合のシステム要件は?

使用形態や使用データのサイズによって異なります。各ユーザが十分なリソースを使用できるマシンを用意する必要があります。

並列処理が可能なStata/MPの場合、「Stata/MPのコア数×同時使用数」以上のコア数のマシンをご用意いただくと、最大の計算能力を発揮できます。

例:Stata/MP 4コアで、2ユーザが1台の仮想マシンを同時に使用する場合

icon

  • 各ユーザに4コアを割り当てるために、仮想マシンには少なくとも8コア必要です。
  • 各ユーザが5GBのデータセットを使用する場合は、仮想マシンには少なくとも16GB程度のメモリが必要です。
    (データセット格納のために5GB×2=10GB、その他計算の実行やOSなどのために6GB程度)

Stata is a registered trademark of StataCorp LLC, College Station, TX, USA, and the Stata logo is used with the permission of StataCorp.

page_top_icon