Stataの種類

Stata1つのソフトウェアですべての機能が揃う統合型統計ソフトウェアです。
機能ごとにモジュールを選択する、あるいは買い足す必要はございません。

Stataは取扱うデータの規模と計算する処理速度により種類分けされており、熟練した研究者の方々から学生の方々に至るまで、多様なニーズに対応できるStataが用意されています。サポートされるコマンドの種類や機能に違いはありません。

Stataicロゴ StataSEロゴ StataMPロゴ
  • Stata/IC: 基本的なStataです。
  • Stata/SE: ICでは対応できない大規模なデータセットの分析に適しています。
  • Stata/MP: マルチコアCPUやマルチプロセッサの機能を使用して並列処理を行うことにより、ICとSEよりも高速な分析を行うことができます。ただし、処理速度変化はコマンドにより異なりますのでテスト結果をご覧ください。
    対応CPU Intel社製 Xeon, Core, Pentium, Celeronなど
    AMD社製 Ryzen, FX, Phenom, Athlonなど
    対応コア数 2, 4, 6, 8, 12, 16, 24, 32, 64コアまで。対応コア数により価格が異なります。

    Stata/MPパフォーマンステストの
    実施結果はこちら

※Small StataはStata15で廃止されました。

比較表

機能比較表 Stata / IC 15 Stata / SE 15 Stata / MP 15
(2-core)
Stata / MP 15
(4-core)
変数の上限数(列数) 2,048 32,767 120,000 120,000
観測データの上限数(行数) 21.4億* 21.4億* 1兆995億* 1兆995億*
右辺の変数の上限数 798 10,998 10,998 10,998
マルチコア対応

ロジスティック回帰分析の演算時間 (観測数:500万、共変量の数:10)

1-core
10.0 sec
1-core
10.0 sec
2-core
5.0 sec
4-core
2.6 sec
全ての統計解析機能の利用
印刷品質のグラフ作成機能
行列プログラミング言語の使用
PDF形式のマニュアルセットの提供
無償テクニカルサポートの利用
サービスリリースの提供
64ビットPCサポート
Windows, macOS, Linux 全サポート

* 取扱えるデータ量は実装メモリの容量により制限されます。特にStata MPについては、現在この観測データ上限数を賄えるメモリを備えたコンピュータがほとんど市販されていないため、取扱えるデータ量はメモリの容量の限界までとなります。

表の注目箇所

最初に参照していただきたい指標はデータセットに保存できる変数の上限数(列数)です。Stata/MPで最大の120,000個の変数を扱えるのに対し、Stata/SEで32,767個、Stata/ICで2,048個と徐々に小さくなります。観測データの上限数については、最小のStata/ICでも20億であるため、この上限が問題となるケースは少ないと考えられます。右辺の変数の上限数については、説明変数の上限数と一致します。798を超える場合にはStata/SE以上をご利用ください。

(参考)どのStataが良いのか? PCの目安は?

どのStataが良いのかPCの目安は