生存分析

Cox 比例ハザード

  • 時間変動型共変量と打ち切り
  • 連続的に時間変動する共変量
  • タイの処理法:breslow, 正確部分尤度、正確周辺尤度、Efron
  • 伝統的、ロバスト、ブートストラップ、ジャックナイフ分散推定
  • 層化推定
  • 共有フレイルティモデル
  • サンプリング重みとサーベイデータ
  • 多重代入
  • Martingale, efficient score, Cox–Snell, Schoenfeld, デビアンス残差
  • 尤度距離、LMAX、DFBETA 診断統計量
  • Harrell の C、Somers の D、Gönen and Heller の K 統計量
  • 比例ハザード用検定
  • ベースライン生存関数、ハザード関数、累積ハザード関数の推定

競合リスク回帰

  • Fine and Gray の比例サブハザードモデル
  • 時間変動型共変量
  • 伝統的、ロバスト、ブートストラップ、ジャックナイフ分散推定
  • 多重代入
  • efficient score, Schoenfeld 残差
  • DFBETA 診断統計量
  • サブハザード比
  • 累積罹患グラフ

パラメトリック生存モデル

  • Weibull、指数、Gompertz、対数正規、対数ロジスティック、一般化対数ガンマモデル
  • 伝統的、ロバスト、ブートストラップ、ジャックナイフ分散推定
  • 層化モデル
  • 個体レベルのフレイルティ
  • グループレベル(共有)フレイルティ
  • サンプリング重みとサーベイデータ
  • 多重代入
  • Martingale-like, スコア, Cox–Snell, デビアンス残差
  • 予測生存関数、ハザード関数、累積ハザード関数のプロット
  • 予測と推定
    • 生存時間の平均値と中央値
    • 対数生存時間の平均値と中央値
    • ハザード
    • ハザード比
    • 生存確率

観測生存時間に対する処置効果推定

  • 回帰調整(RA)
  • 逆確率加重(IPW)
  • 二重に堅牢な手法
    • 回帰調整を伴うIPW(IPWRA)
    • 加重回帰調整(WRA)
  • Weibull、指数、対数正規、対数ロジスティック、ガンマモデル
  • 平均処置効果(ATE)
  • 処置仮定下での平均処置効果(ATET)
  • 潜在アウトカム平均(POM)
  • 伝統的、ロバスト、ブートストラップ、ジャックナイフ分散推定

変量効果パラメトリック生存モデル

  • Weibull、指数、対数正規、対数ロジスティック、ガンマモデル
  • 伝統的、ロバスト、ブートストラップ、ジャックナイフ分散推定

マルチレベル混合効果パラメトリック生存モデル

  • Weibull、指数、対数正規、対数ロジスティック、ガンマモデル
  • 伝統的、ロバスト、ブートストラップ、ジャックナイフ分散推定
  • サンプリング重みとサーベイデータ
  • マージン予測と限界平均

生存アウトカムに対する構造方程式モデル

  • 生存アウトカムの潜在要因
  • パスモデル、成長曲線モデル、他
  • Weibull、指数、対数正規、対数ロジスティック、ガンマモデル
  • 生存以外のアウトカムとの組み合わせ
  • サンプリング重みとサーベイデータ
  • マージン予測と周辺平均

生存モデルの特徴

  • 単一/複数故障データ
  • 左打ち切り
  • 右打ち切り
  • 時間変動型回帰変数
  • ギャップ
  • 再発事象
  • 開始終了形式
  • 複数タイプの故障事象
  • タイムスケール

推定後セレクタ

  • 使用可能な推定後機能の一覧
  • コマンド実行ごとの一覧の自動更新

生命表と分析

  • 推定値と信頼区間のグラフ化(リスク表付き)
  • 平均生存時間と信頼区間のレポート
  • Cox 回帰による補正推定
  • 保健数理上の調整
  • 検定(ログランク、Wilcoxon–Breslow–Gehan, Tarone–Ware, Peto–Peto–Prentice, Fleming–Harrington )
  • 傾向検定
  • 層化検定

検定力分析

  • 標本サイズ、検定力、効果サイズの算出
  • 生存曲線のログランク検定
  • Cox 比例ハザードモデル
  • 指数回帰

ユーティリティ

  • ネストされた症例対照データセットの生成
  • 時間レコードの分割と結合
  • スナップショットデータのタイムスパンデータへの変換

要約統計量、信頼区間、等

  • 罹患率比とその差分の信頼区間
  • 生存時間の平均と分位点の信頼区間
  • 故障率表
  • 観察人時(人年)、罹患率、SMR
  • Mantel–Haenszel, Mantel–Cox法による比率比の計算

生存、ハザード、累積ハザード関数

  • Kaplan–Meier 生存(故障)関数
  • Nelson–Aalen 累積ハザード関数
  • グラフの描画と比較
  • 信頼区間
  • 内蔵リスク表
  • 交絡因子に対する調整
  • 層化

詳細資料

Stata is a registered trademark of StataCorp LLC, College Station, TX, USA, and the Stata logo is used with the permission of StataCorp.

page_top_icon