記述統計

Originには、平均値や標準偏差、相関係数などデータの基本的な特徴を計算するために以下の機能を使用できます。一部機能は、Pro版でのみ利用できます。

 

相関係数(Pro)

相関係数(または相互相関係数)は、2つの変数間の関係の強さを示す係数です。OriginProでは、以下3つの手法による相関係数の算出をサポートしています。

  • ピアソンの積率相関係数
  • スピアマンの順位相関係数
  • ケンドールの相関係数

相関係数の出力オプションで、散布図行列を作図することも可能です。

 

列の統計/行の統計

列または行方向のデータに対し、平均値や標準偏差、四分位範囲といった基本統計量を取得するための機能です。

結果レポートには、ボックスチャートやヒストグラムといったグラフを出力することもできます。

 

 

 

 

離散度数(Pro)

離散度数は記述統計の一般的な手法で、離散した変数を分析する際に使用します。離散度数分析の機能は度数表を出力し、その表の中からデータのサマリーを簡単かつ直感的に入手できます。

  • 計算する値
    • カウント:各離散データの数をカウント
    • 相対度数:各離散データの相対度数
    • 累積相対度数:各離散データの累積相対度数
    • 相対度数表現:相対度数の表示をパーセントにするか小数にするか選択
  • 大文字小文字の区別:
    度数をカウントする際に、変数の大文字と小文字を区別するかどうかを指定します。

 

度数カウント

ビンサイズ(階級の間隔)やビンの数(階級数)を設定し、各階級の度数をカウントします。度数カウントの機能では、選択したデータのビンの中心、ビンの終点、度数カウント、累積カウント、相対度数、累積相対度数を出力できます。

 

 

 

 

正規性の検定

正規性の検定は、入力データの母集団が正規分布に従うかどうかを検定します。
Originではいくつかの手法で正規性の検定を実行することができます。サンプルサイズや平均値、標準偏差、p値などがレポートとして出力されます。
Originでは以下の手法を利用可能です。

  • Shapiro-Wilk
  • Kolmogorov-Smirnov
  • Lilliefor
  • Anderson-Darling
  • D'Agostino-K 二乗
  • Chen-Shapiro
  • ※Kolmogorov-Smirnovを選択すると、統計値を算出する際の2つのオプションを指定できます。一つが「推定」でサンプルデータから推定される平均と分散を使用します。もう一つが「指定」で、ユーザが指定した平均と分散の値を使用して計算を実行します。

結果シートにはボックスチャートやヒストグラムを出力することもできます。

 

2D度数カウント/ビン化

2つの変数を持つデータの度数をカウントします。必要に応じて、結果の3D棒グラフやイメージプロットを作図できるので、データポイントの分布を視覚的に表現できます。

page_top_icon