Pythonの実行環境

Originでは、Pythonのコマンドラインを実行したり、Pythonファイルを実行したり、"originpro"パッケージによってPythonからOriginオブジェクトにアクセスしたりできます。さらに、pandasやnumpyといった拡張モジュールを利用することもできます。
ここではOrigin2021から導入された"originpro"パッケージによって強化されたOriginとPythonとの連携についても連載企画としてご紹介していきます。

OriginにおけるPythonの特徴

  • コードビルダでのPythonコードの編集
  • Pythonパッケージをインストールおよび管理するための「Pythonパッケージ」ダイアログ
  • 列の式、フィット関数、テキストオブジェクトなどでPythonコードを使用
  • "originpro"パッケージを使って簡単にOriginにアクセス

Pythonコマンドの実行

Originの「Pythonコンソール」から単一あるいは複数行のPythonコードを実行できます。

Pythonコマンドの実行

コードビルダでPythonコードの編集

Pythonコードを編集するため、シンタックス色付けなどの機能を持つコードビルダが利用できます。コードビルダではインテリセンスとデバッグをサポートしています。

コードビルダでのPythonコードの編集とデバッグ

列値の設定ダイアログでPython使用

「列値の設定」ダイアログの式中で使用できるPython関数を作成できます。

列値の設定ダイアログでPythonコードを使用

PythonからOriginへのアクセス

PythonコードからOriginオブジェクトにアクセスするため、"originpro"パッケージが提供されています。

originproパッケージ

連載企画!Pythonを使ってみよう

OriginでPythonを使用する方法
OriginでPythonを使用する方法

まずはOriginでPythonを使う場合に必要な"originpro"パッケージをご紹介。
合わせてPythonパッケージのOriginへのインストール方法や、
簡単な実行例もお見せします。

ファイルをOriginにインポート
ファイルのインポート

ファイルに保存されたデータをOriginにインポートする方法をご紹介。
ワークシートにインポートする場合と、行列にインポートする場合で分けて説明しています。

グラフ作成
グラフ作成

グラフを作成する方法を3つのサンプルでご紹介。
単純な作図だけでなく、軸スケールの変更や列の情報を使ったプロット編集なども紹介しています。

グラフを画像にエクスポート
グラフを画像にエクスポート

作成したグラフをpngなどの画像形式にエクスポートする方法をご紹介。
単一のグラフだけでなくプロジェクト内のグラフすべてを一度にエクスポートする方法もご紹介しています。

解析機能の利用方法
解析機能の利用方法

Originの解析機能を利用する例として線形フィットを実行してレポートシートを作成する手順をご紹介。
originproパッケージで直接実行できない解析についても補足で方法をご紹介しています。

グラフテンプレートを使った作図方法
グラフテンプレートを使った作図方法

"originpro"パッケージを使えばグラフテンプレートを使った作図もできます。
ここでは通常のグラフテンプレートを使った作図、クローンテンプレートによる作図、ワークシートに埋め込まれたグラフへの作図をご紹介します。

ボタンクリックでPythonを実行
ボタンクリックでPythonを実行

Originのワークブック内にPythonのスクリプトを実行するボタンを作ることもできます。
ここではボタンをクリックするとワークシート上にデータが入力されるスクリプトを作成しています。

page_top_icon