OriginでPythonを使用する

Originをインストールすると、組み込みPythonを使用できます。これは、Originの外部にPythonがある場合も別途インストールされるもので、バージョンは3.8.3です。ここでは、Origin内の各オブジェクト(ワークシートやグラフ)へアクセスするためのパッケージの紹介と、Pythonパッケージを使って解析を行う際のインストール方法などをご案内します。

※ご紹介する機能は、Originのバージョンは2021以降で利用可能です。

"originpro"パッケージ

プリインストールされている"originpro"パッケージを使うと、Pythonコード内から各Originのオブジェクト、主にワークブック(データ)、グラフ等にアクセスできます。なお、"originpro"パッケージは通常版のOriginでも利用できます。

originproパッケージからの実行

""originpro"パッケージでアクセスできるのは「オブジェクト」のみです。例えば、解析を行いたい場合は、Pythonパッケージで実行するか、Originの分析テンプレートを用意してアクセスする方法があります。

"originpro"パッケージに導入されているクラスの一覧やリファレンスは下記リンクから確認できます。

Pythonを実行

OriginでPythonコードを実行する方法はいくつかあります。

コンソールからPythonを実行

数行のコードを実行する場合、Pythonコンソールからの実行が便利です。

  1. メインメニューから、「接続:Pythonコンソール」をクリックします。
  2. 下記コードを1行ずつ入力し、それぞれの行でEnterキーを押すと、インポート処理が実行されます。
  3. import originpro as op
    wks=op.new_sheet()
    f=op.path('e')+r'Samples\Curve Fitting\Enzyme.dat'
    wks.from_file(f)
    Pythonコンソールからの実行

コードビルダから実行

長いコードを記述する場合、ハイライト、インテリセンス、デバッグが可能なコードビルダを使うと便利です。

  1. メインメニューから、「接続: utitled.pyを開く...」をクリックします。
  2. コードビルダが開いたら、右上のパネルのutitled.pyのタブで以下のように入力します。
  3. print ("Hello World!")
  4. このままF5キーを押すと、コードが実行され、「出力」ウィンドウに「Hello World!」と表示されます。

.pyファイルを作成して実行

コードビルダでPythonファイル(.pyファイル)を保存した場合、スクリプトウィンドウから実行可能です。

  1. 「コードビルダから実行」で記述した内容を保存します。コードビルダのメニューで「ファイル:名前を付けて保存」を選択して、"Hello.py"などのファイル名を付けてユーザファイルフォルダに保存します。
  2. コードビルダを閉じ、Originメニューから「ウィンドウ:スクリプトウィンドウ」を選択します。
  3. スクリプトウィンドウで次のように入力し、Enterキーを押します。
  4. run -pyf "Hello.py"
  5. スクリプトウィンドウに"Hello World!"の文字が表示されます。
  6. コードビルダで作成してから実行

インストールされているパッケージの確認

Originで既にインストールされたパッケージは、メインメニューの「接続:Pythonパッケージ」を選択して開く「Pythonパッケージ」で確認できます。プリインストールされている"originpro"パッケージをはじめリスト上にあるものがインストール済みのパッケージです

パッケージ確認

パッケージのインストール方法

Pythonパッケージのインストールは、メインメニューの「接続:Pythonパッケージ」を選択して開くウィンドウで可能です。ウィンドウの右下の「インストール」をクリックし、パッケージ名を入力して「OK」ボタンをクリックするとインストールが開始します。複数パッケージを指定するときはスペースか改行で区切ってください。

パッケージのインストール

パッケージインストール後は、Originを再起動するのがお勧めです。

インストール済みのパッケージを更新したい場合は、リストから更新したいパッケージを選び、「アップグレード」ボタンをクリックします。アンインストールしたい場合には「アンインストール」ボタンをクリックすると可能です。

インターネット接続がない場合や、LabTalkスクリプトを使ったパッケージインストールの方法は、開発元のページをご参照下さい。

page_top_icon