アプリで機能拡張!

これまで、Originの標準機能に含まれていない解析・処理やグラフ作成を行うには、 複数の機能を組み合わせてOriginを工夫して使ったり、自分でスクリプトを作成する必要がありました。
そこで、Origin 2016以降のバージョンでは、Originを機能拡張できるアプリの機能が追加されました。
Originのウィンドウの右上から「アプリの追加」をクリックし、表示される「アプリセンター」のダイアログで使いたいアプリのダウンロードアイコンをクリックするだけで、機能を拡張できます。
アプリセンターにはOriginLab社やOriginユーザが作成した数多くのアプリが登録されていますが、役立つアプリを探し、使い方を調べるのはなかなか大変です。そこで、特に人気のあるアプリやライトストーンお勧めのアプリをピックアップし、このページでじっくり紹介します!
Originのアプリをインストールし、もっともっとOriginを活用してください。

データインポート

CSV Connector
CSV Connector データの整合性を保ちたいときに

元データと関連づいた状態でデータをインポートします。
Origin上ではデータはロックされ、間違ってデータを書き換えることがありません。
また、プロジェクトファイルにデータが保存されないため、ファイル容量を削減できます。

グラフ

Google Map Import Googleマップをグラフにインポート

経度・緯度のグラフに対応する範囲のGoogleマップ画像を、グラフにインポートできます。グラフのX軸・Y軸がすでに希望する経度・緯度の範囲に設定されている場合、自動的にグラフスケールに合わせたマップがインポートされます。

解析

Tangent 接点を自由に決め、接線を作成

曲線の接線を作成し、傾きや角度など接線の情報を出力できます。グラフ上で自由に接点をドラッグして動かすことができます。接線が曲線にうまくフィットしない場合は、前処理としてスムージングを実行可能です。

カーブフィット

Piecewise FitOriginPro版が必要です。 グラフの区間ごとにフィットを実行

データセットを複数の区間に分け、それぞれフィット関数を指定してフィットを実行します。別々のグラフを用意せずに複数の関数でフィット可能です。
また、全区間に対して一括でフィットを実行し、レポートを出力できます。


page_top_icon