Origin 2019 新機能概要

Origin 2019は、データ探索の機能がさらにパワーアップ!バイオリンプロット、平行座標プロット、クラスタープロット、二重Yトレリスプロット、3D三角錐プロットなど、ユーザ様からのリクエストに応じたグラフ形式を多数ご用意。大好評の無料アプリも、グラフメーカーと統計アドバイザーの二つがプリインストールされています。

Oigin2019新機能ハイライトの動画は次の画像をクリックしてご覧ください

    動画再生

データ探索の向上

  • データハイライター:グラフ上で選択したデータポイントやプロットを強調表示
  • データポイントツールチップ:ポイント上にマウスを合わせるだけでポイント情報を表示
  • 条件付きフォーマット:データの範囲条件などを指定してワークシートのセル背景を変更
  • Originスタートメニュー:Windowsのスタートメニューのようにリソースや情報を検索
  • 新しいワークブックダイアログ:様々なワークブックテンプレートから選択
  • ワークシートの列リストビュー:列のヘッダ行のみをリスト表示
  • ワークシートの空セル/欠損値の扱い:欠損値のセルは従来の「--」ではなく空欄で表示

詳細は「データ探索の向上」ページへ

新しいグラフ形式

  • 各種バイオリンプロット
  • 平行座標プロット
  • クラスタープロット
  • 二重Yトレリスプロット
  • 行データプロット
  • カテゴリーZに対する等高線図
  • ラベル付きヒートマップ
  • 3D三角錐プロット
  • グループ化散布図

詳細は「新しいグラフ形式」ページへ

アプリ

  • グラフメーカー:グラフを選択形式に簡単に作成
  • 統計アドバイザー:選択形式で適切な統計メニューをアドバイス
  • 新しいアプリの追加

詳細は「アプリ」ページへ

 
 

その他の新機能

 

  • 一般

    • 数値データの表示フォーマットが拡張され、DMS角度、 π、十六進値の直接表示などをサポート。
    • グラフやブックのテンプレート(分析テンプレート含む)のイメージプレビューが定義可能。
    • プロジェクト・エクスプローラの改良:フォルダ作成時に名前を与えることが可能、下段パネル中にフォルダを含めて表示するかどうかの切り替えが可能。
    • スプレッドシートセル表記 (SCN)のボタンをクリックして、SCNの有効化、無効化が切り替え可能。
    • オブジェクト・マネージャの改良:さらに多様なデータ操作(プロットの別レイヤーへの移動、グループからプロットの除去、プロットのドラッグによる移動や順序変更など)をサポート。
    • ボックスチャートのさらに多様なカスタム化:ラベルの垂直自動位置付け、中央値の表示、「作図の詳細」ダイアログの「外れ値」タブから外れ値表示のカスタム化など。

    データ分析

    • ユーザパラメタ行で数値や日時のフォーマット、および行の数式をサポート。
    • フィルター条件をコピーし他のワークシート列に貼り付けが可能。
    • 個別のオペレーションに対して再計算をブロックすることができ、作業フローの効率化に寄与。
    • 階層的な結果シート内で、ノードの展開や折り畳み状態のデフォルトを設定可能。
    • 分析テンプレートの複数ファイルバッチ処理が改良され、引用シートデータの保存などが可能。
    • 「スパークライン」ボタンを列ツールバー中に新規追加。
    • ワークシート中でハイライトされた行を、他のシートに出力可能。

    インポート・エクスポート

    • インポートのダイアログテーマが改良され、適用できるインポートフィルタが明示されます:ドラッグ&ドロップ、<シート>への保存。
    • 日付・時刻の代替表現が利用可能で、これまでの「2018版」表記でマイクロ秒まで記述可能
    • 「CTRL + G」ホットキーにより、<前回どおり>の設定のグラフエクスポートのダイアログをオープン。
    • インポートウィザードのOCソースファイルでアプリフォルダー、ユーザ定義データ型をサポート。
    • Excel:「既存データの置換」のインポートモードの改善
    • Excel:最新のExcelフォーマットをサポートするため、インポートライブラリを更新。