軸の編集方法

軸の設定を変更する際にOriginとExcelでどんな操作手順になるか比較しました。今回はXY軸両方の目盛の表示方向を外側から内側に変更してみます。

※使用した各ソフトウェアのバージョン:Origin 2021b、Excel 2016

Originで軸目盛を内側に設定

Excelで軸目盛を内側に設定

Originの場合

  1. グラフが作成されている状態でグラフ上のX軸をクリックするとミニツールバーが開きます。このミニツールバーから「目盛のスタイル」アイコンをクリックして「内側」に設定するとX軸目盛が内側になります。
  2. 同様にY軸でもミニツールバーから内側に設定するとXY両方の軸目盛が内側になります。

補足

Originでは下軸と上軸で異なる目盛ラベルを表示することもできます。


Excelの場合

  1. Excelではグラフを作成するとデフォルトでは軸目盛はなしになっていますので、これを内側に変更します。グラフをクリックして右側に表示されるプラスアイコンから軸の右側の三角をクリック、「その他のオプション」で軸の書式設定を開きます。
  2. 軸の書式設定で「軸のオプション」に移動し、目盛項目の目盛の種類と補助目盛の種類をを「内向き」に設定します。
  3. グラフ上のY軸をクリックしてY軸の書式設定に移動し、同様に目盛の種類、補助目盛の種類を「内向き」に設定します。
  4. ※下図ではわかりやすいように軸の色を黒に変更しています。

まとめ

OriginでもExcelでも手数はそれほど変わりませんでしたが、Originでは軸目盛の長さを調整するといった、詳細な設定が可能です。

その他の軸要素を編集する方法については下記リンクをご覧ください。

 


テクニカルサポート

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せフォームよりテクニカルサポートまでご連絡ください。

その際、必ず「製品名」「バージョン」「シリアル番号」をご連絡ください。

page_top_icon