FFTとIFFT

高速フーリエ変換は、線形の系分析、電波研究、光学、ランダムプロセスモデリング、確率論、量子物理学、境界値問題 (Brigham, 2-3)に使い、天文学データ(Brault and White)の復元に効果的に適用されています。Originには、高速で実行できるFFTW ライブラリを使用する非常に強力なFFTツールがあります。

OriginのFFTツールを使用してデータセットに対して高速フーリエ変換を実行できます。これにより、周波数データと複素数に変換された結果を得ることができます。パワー密度の見積もりは、MSA、SSA、TISAの3つの異なる方法で行えます。また、両側、片側のパワーを算出できます。

OrignのFFTツールでは、以下の窓関数を使用できます。

  • 三角
  • 四角
  • Bartlett
  • Welch
  • Hanning
  • Hamming
  • Blackman

 

 

OriginのFFTツールを実行すると、計算された値が出力されたワークシートと結果を表すグラフをもつワークシートが出力されます。グラフには以下の項目を含めることができます。

  • 実数
  • 虚数
  • 振幅/位相
  • 位相
  • パワー/位相
  • 実数/虚数
  • 強度
  • 振幅
  • パワー
  • dB
  • 規格化dB
  • RMS振幅
  • 二乗振幅
  • 二乗強度

Originでは、IFFTの機能も使用できます。IFFTは、逆フーリエ変換(IDFT)を実行する高速なアルゴリズムで、DFTの処理を元に戻すことができます。

page_top_icon